会社のために低賃金で働く特攻隊員のできあがり



あなたは何のために仕事をしていますか?お金を稼ぐためですか?それともやりがいのためですか?

仕事とはお金と時間のやり取りではないという言葉を聞いたことありますか?これはある有名な経営者が残した名言?だそうですが、寝言なのでしょうか?w

仕事はお金を稼ぐことを重要視するのではなくて、やりがいや生きがいを大事にしろ!と言いたいのでしょうか?給料は少ないけど、この会社で働く喜びを感じて、自分は幸せ者なんだって社員に思ってほしいのでしょうか?

やりがいって何でしょうか?生きがいって何?それは他人が決めることなのでしょうか?w そもそも普通の会社でそれらを得られますか?残念ながら僕はそんなの1ミリも感じたことないですよw

お金よりやりがいとか生きがいとか言っている企業は、ただ単に安い賃金でこき使える社員を探しているだけだと思いますよ?人件費のかからない奴隷がほしい。それをオブラートに包んだだけの発言だと僕は思います。

つまり、どんな苦労も喜んで?やる、文句ひとつ言わない低賃金奴隷ちゃんがほしいだけです。やりがいだのなんだのと言うけれど、お金よりやりがいというのが、ときに洗脳に使える都合のいい言葉なんですよ。やりがいでうまく動機付けできれば、会社のために低賃金で働く特攻隊員のできあがりということです。

ただ中には、自分の仕事にやりがいを感じている人も、もしかしたらいるのかもしれません。しかし、サラリーマン従業員にやりがいを感じている人なんて全体の何割いるのでしょうか?

あなたの小学生の頃の夢を思い出してみてください。将来の夢はサラリーマンになることです、なんて言っていましたか?

そもそも低賃金でやりがいなんて生まれるわけがありません。何のために仕事しているの?ボランティア?そうじゃないと思います。

本来、仕事って適正な賃金を支払われてこそ成立する契約ですし、お金もらえれば、それ相応に働く気が起きると思います。まあ、その会社がお金以上のかけがえのない何かを与えてくれるのなら話は別ですが、そんな会社はほぼありません。

労働基準法では、労働に対して正当な対価を支払うことが義務であるため、その労働への対価を「やりがい」にすり替えることはおかしな話です。

労働内容に見合った正当な対価があって、そこではじめてやりがいが生まれます。それもせずに、やりがいだけを求めようとすることは、とても哀れな話だと思いませんか?

やりがいや生きがいという言葉は、あくまでもらう側が言うセリフであって、払う側が言ったらブラックまっしぐらです。

それでもまだお金よりやりがいが大事というのなら、まずは経営者がお手本を見せるべきです。お金目当てはいけない!と社員に言い聞かす経営者は、無給で働いてみてはいかがでしょうか?お金よりやりがいが大事なんでしょう?w

ただ、世間を見渡すと、経営者の収入は社員の収入より多いことはご存知でしょう。それを踏まえると、どうやら経営者の幸せだけは、おおいにお金が関係するようですねw どこにでもいるんですよ。自分の守銭奴は棚に上げて他人にはやりがいとかぬかすキチガイさんが。

ですから、あなたはやりがいとか都合のいい言葉に丸め込まれないことです。

お金目的ではない者は労働者とはいいません。それを奴隷といいます。自分の意志でお金目的で働いていないのであれば、それは修行者か仙人です。

趣味や楽しみだってお金がなければ始められません。そして、そもそも生活できません。間違っても仕事を趣味にしろ!って、そんな冗談をあなたは言ってはいけませんよ。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る