侍ジャパンと社畜ジャパン



今日も睡眠不足に耐えながら起床。

慌てて朝食を取ったからなのか、それともプレッシャーからなのか、
胃がとてもキリキリする……。

社員(選手)が会社(球場)へ向かう移動手段は、
電車という名の大型バスだ。
しかし侍ジャパンの選手が乗るバスと大きく異なるのが、
満員で座れないということ。

へとへとになりながら会社(球場)へ着くと同時に、
ウォーミングアップの開始だ!

ちなみに社畜ジャパンのアップはとても鍛えられるんだぞ?
机拭き、掃除、メールチェック、ラジオ体操……。
ほら、これでいつでも業務(試合)にのぞめると思わないか?w

そうそう、試合前にはだーいじな朝礼(ミーティング)がある。
試合に勝つためにはミーティングは重要不可欠なのさ。

その最後にはいよいよ上司(監督)から
今日のスターティングメンバーが発表されるので、
ドキドキワクワクですね。

あれれ?社畜ジャパンは9人以上試合に出場できるみたいだ……。
そうか、全員で業績上げろ(勝ちにいけ)ってことね。

今日の試合も勝ちにいくぞぉー、オーー!!

そーだ、ここで重要事項があります。
社畜ジャパンの選手一同は大谷選手や嶋捕手のような、
ケガを理由に欠場することは許されません。

「体調管理もできないのか!」と言われて、
足を引きずりながら試合に出場するしかないんです。
だって会社のモットーは”体調不良ぐらいで休むな!”ですからね。

ちなみに野球選手は打率2割が最低ラインで、
3割バッターは一流打者として扱われます。
10回のうち3回ヒットを打てば一流なのです。

ところが!社畜ジャパンの選手たちはどうでしょう?
全員10割の結果を残さなければいけません。

営業、オフィスワーク、商談、接待……。
1回でもミスしようもんなら上司という名の監督から
罵声を浴びせられます。

ただ、ヒットもしくはホームランを打ったとしても、
上司(監督)はハイタッチしてくれませんし、
笑顔でベンチに迎え入れることは滅多にない。

そりゃそうだ、結果出すのが当たり前って言われてますもんね。

また大きなエラーをしてしまえば、
場合によっては社長(オーナー)がでてくるよ。
そして永遠に続くかのようなお説教タイムが待っている……。

ならびに玉数制限なんてものも存在しない。

社畜ジャパンの公式ルールでは、
会社が納得いく結果を出すまで
肩がぶっ壊れてもいいから投げろ!(仕事しろ)だ。

さて試合も中盤。集中力・気合をさらに高めるために、
円陣を組むことがある。

実は社畜ジャパンも時に円陣を組むことがある。
そう、会議という円陣です。

しかしその円陣は集中力や気合が高まるどころか、
さらにやる気を喪失させるから非常にやっかいである……。

それではそろそろ試合も終盤。
社員(選手)はみんなクタクタだろう。

だが忘れちゃいけない。社畜ジャパンの試合には
残業(延長戦)が必ずあるってことを……。

定時(9回)で業務(試合)が終わるなんて奇跡に近いw
逆にここからが勝負どころとも言える。

WBCの延長戦は決着がつくまで無制限というルール。
けど延長11回からはタイブレーク制(無死1・2塁)が採用されるから、
無制限になることは現実的にありえない。

一方で社畜ジャパンの延長はタイブレークどころか、
ブレークタイム(休憩時間)すらない無制限の強制延長戦なのだ。

ときには会社(球場)の照明が消えても、
日付が変わっても、朝日が昇ったとしても、
まったく関係ないのさ……。

国際試合で侍ジャパンの選手たちが、
日の丸を背負って戦う姿にはほんとに感動しますね。

たくさんの人に期待されて、
たくさんの人に注目されて、たくさんの人に感動を与える。

選手たちも仕事に誇りを持っていて、
良い結果を出したときの充実感ってのはハンパないでしょうね。

しかし社畜ジャパンの選手はどうだろうか?
今の仕事に心から誇りを持ててるのだろうか?
充実感はあるのだろうか?

あなたが必死に働くことによって感動してくれるのは、
会社の経営者だけじゃないだろうか?

そしてそれはあなた自身に対して感動してるのではなく、
会社が儲かることに感動してるのではないだろうか?
あなたが残業することで、
たくさんの人が感動することはあるんだろうか?

ちなみに僕はサラリーマンだったころ、
誇りや充実感なんてものは微塵も感じなかったけど……w

毎日こんな夜遅くまで働かされて、
いつも子どもの寝顔にしか会えなくて、
たまたま起きてるときに会えたら
知らないおじさん呼ばわりされた日にはもう泣くしかない。

平日は平均睡眠時間が3時間しかなくて、
いつ倒れてもおかしくない状態でも
それが社会人の常識だっていう風潮でもみ消そうとする
日本の労働環境に腹が立つ。

ちなみに昔のピラミッド建てる奴隷ですら夜は寝てたみたいですよ。
だから日本のサラリーマンって異常だと思いません?

侍ジャパンは日の丸を背負って戦う使命があるけれど、
あなたがもし社畜ジャパンの選手であれば、
会社を背負って戦う必要はないよ、決して!

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る