【確定申告】簡単だった!会社に副業がバレないためにはこうすればいい



今の時代、会社以外の収入もあったほうがいいです。
何より生活の不安を軽減するためには、
収入の柱をより多く持っておくことですね。

そこでサラリーマンとかであれば副業が頭に浮かぶけれど、
副業NGっていう古い考え方を持ってる会社っていまだに多いw

だから副業をして、
確定申告をした場合に会社にバレないだろうか?って
不安に思う人は多いと思う。

副業で収入がある場合、
会社にそれがバレては困るというような人もいるでしょう。
あなたもそうじゃないですかね?

でもですね実は、
会社に副業がバレないようにする方法があるんですよ。

そしてそれはちょー簡単な方法ですw
それをお伝えします。

もちろん違法な方法ではないし、
ちゃんとした方法なのでご安心をw

その前に念のためお伝えしたいことがあるんですが、
会社に副業で収入があることがバレたくないから
確定申告をしないって人がいるけどそれは大きな間違い!

それはなぜか?実は確定申告をしない方が、
どちらかというと会社に副業がバレやすいし、
何より税務署は優秀ですw あなたの収入を見逃しませんからね。

たまに副業で年間20万以上の収入がない場合は、
確定申告する必要はないという話を聞くと思うけど、
それはそもそも所得税の話であって、
20万以下であっても住民税はかかってくるということを
覚えておいてください。

そして会社に副業がバレる理由って、
この住民税がカギなんです。

では本題に入りますね。

確定申告

まずは確定申告の簡単な流れについて。

自分で確定申告する人は上の図のように、
今年はこれだけ所得がありましたってことを税務署に申告してます。

たとえば今年は200万円の所得がありましたと税務署に申告すると、
それに対してあなたの所得税はいくらですよ。
というやりとりをするんですね。

では一方で、
サラリーマンなどの会社から給与をもらってる人っていうのは、

給与の中から源泉徴収っていうのをされてると思います。

源泉徴収ってのは、
あなたが本来自分で行う申告と税務署への納税を、
会社が代わりにやってくれてるというもの。

あなたの給与額に対して、
所得税も住民税も会社が源泉徴収をして
払ってくれてるということですね。

なので給与所得しかない場合だと、
あなたと会社だけのやりとりだけで、
税金の支払いは完結してることになります。

ぜひ源泉徴収票をチェックしてみてくださいね。

では副業をやっていて会社の給与副業収入がある場合、
あなたが副業で得た収入に関しては自分で税務署に申告する必要があります。

そうするとあなたの副業収入に対する所得税はいくらですよって、
税務署のほうから納付書をくれます。

「3/15までに払ってね」って。

所得税の納期限は3/15なので、
それまでに払えば終わりなんですが・・・

住民税が”カギ”

ここで問題になるのが今回のカギとなる住民税です。

まずあなたが副業の収入を税務署に申告したあと、
税務署から役所に連絡がいきます。

収入に対して住民税を計算して徴収するのは役所の仕事ですから、
税務署がこの人の収入はいくらですよって、
役所に教えるために連絡するんですね。

税務署は基本、
あなたに所得税を納めてくださいっていいます。
役所はあなたに住民税を納めてくださいっていいます。

で、ここからがとても重要!

この状態でそのまま放っておくと、
次は役所からあなたの会社に連絡がいきます。

この人の去年の収入はこれだけあるから、
この人の給与から住民税を○○万円引いてください。っていう連絡ですね。

所得税は3/15までに納めるんですが、
住民税は前年の所得に対して翌年に払うものなので、
今年の給与から住民税はこれだけ引いてって、
役所から会社に言う必要があるわけです。

そうなると何が起こるか?
会社は、あなたにこれだけしか年間給与払ってないのに、
なんでこんなに住民税が高いんだろう?
ってことになりますよね?

そうすると「こいつ会社以外で稼いでるんじゃないか?」
と会社がざわつき・・・

結果、「おまえ副業やってるな!

ってことになり最悪クビが飛びます(震)

まあ会社より安定して稼いでるんなら、
こっちから願い下げですがw

ざっくりとした説明でしたが、
会社に副業がバレるケースってだいたいこれです。

でも会社をクビになったら実際に困るけど、
副業しないとやってられん。って場合はどうすればいいか?

会社に副業がバレないようにする方法

簡単にいえば、
役所から会社に連絡が行く流れを断ち切ってしまえばいいんですよ。

どういうことかというと、
役所からあなたに直接、連絡がくるようにすればいいわけです。

住民税を会社の給与からの天引きではなく、
あなたが直接、役所に支払うようにすればオッケーってことです。

じゃあこの流れをつくるにはどうすればいいか?

確定申告するときに用紙の徴収の項目のところに、

  1. 給与から差引き(特別徴収)
  2. 自分で納付(普通徴収)

と記載されたチェック(もしくは○)をつける欄があります。(右下あたり)

これは住民税の支払い方法どうしますかっていうものなので、
それを自分で徴収(普通徴収)にチェックするだけ問題なしです。

そうすれば住民税の納付書は
役所から直接あなたの自宅へ送られてきますし、
役所から会社へ連絡がいくことはありません。

ただし役所の職員は神の子じゃなく人の子なので間違えますw

役所があなたの会社へ
住民税の納付書を送ってしまうってケースが多々あるんですよw

そうなると全てが水の泡
……はい、副業がバレますねw

なので一応、
確定申告書の自分で徴収(普通徴収)のほうに○をつけた場合でも、
役所に行く、もしくは電話で問い合わせて、

「今年は確定申告で自分で徴収(普通徴収)でお願いしたんで、
会社に送らず、自分のところにちゃんと送ってくださいね」
って念を押したほうがより安全ですw

たまにマイナンバーで副業バレるって心配してる人もいるけど、
それは、ただすべての役所間で同じ情報を共有でき、
先ほどの一連の流れが今より簡素化されるってだけ。

だから副業バレるどーたらこーたらとかは、
基本的に心配する必要ありません。
まあ、マイナンバーがちゃんと機能すればの話ですがw

だがしかし、
どうしようもないケースがひとつだけあります。

それは副業の収入を給与としてもらっていて源泉徴収されていたらアウト。

たとえば副業でアルバイトや別の職場で働いてる場合、
その職場で給与が源泉徴収されていたら、
本業の会社に副業バレする可能性大です。

各職場によると思うけど、
給与とは別の形でお金が受け取れたらいいんですが、
なかなか難しいかもしれません……。

そういったことを踏まえてオススメになってくるものは、
やはりインターネットを使った副業になりますね。

  • 転売
  • 輸出
  • 物販
  • アフィリエイト

主にこういうものでしょうか。

これらの報酬は紹介料という形になるので、
先述した手順を間違えなければ会社にバレることはありません。

だって給与としてもらってないから。源泉引かれてないから。
(自分で口を滑らしたり、
サイトに自分の名前を書いてしまったりした場合は別ですよw)

なのでネットビジネスは、
サラリーマンこそ取り組みやすい副業だともいえるわけです。

銀行振込みでバレるじゃんっていう人がいるけど、
そもそも銀行は会社に言いませんw

銀行が「この人は副業で収入あるよ」って会社にいう
メリットなんてありませんからw

むしろ銀行側は貸し出しするお金が増えて手数料取れるので、
銀行にお金を預けてる人の肩をもちますw

ですからネットビジネスに興味があれば、
安心して取り組んでいいですからね。

既に副業として取り組んでいれば、
確定申告の際に今回お話したことが少しでも参考になれば幸いですw

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る