「祝日が週末と重なってる」って絶望してるなら・・・



ブラック企業は論外として、土日祝休みの会社に勤めてるサラリーマンが絶望に陥るものとして、祝日が週末と重なるというイベントがあります。この損した気分は意外と後を引くからやっかいですw

国語教師ぶるわけではありませんが、祝日という字をみると、「何かめでたいことがありそれを"お祝いする日"」であって、国で定めた日のはずです。

なのに週末と重なったからといって、休日を1日奪われることの何がめでたいのでしょうか?

それはもしかして、祝日が消え、その分、奴隷が働いてくれるから、国のGDPを上げたいお偉いさんにとってめでたいのでしょうか?もしくは稼動が多くなる分、会社が儲かる(と思っている)経営者にとってめでたいのでしょうか?

どう考えてみても、働く側にとってはメリットはありません。

2017年は祝日が土曜日に重なる日が4日もあり、社畜Yearなんて言われていますが、あなたもやや憂鬱になっているのではないかと思います。たかが4日されど4日ですからね…。

祝日は必ずその日でなければ絶対ダメなんですかね?働いてる人のために少しずらしても神様は怒らないと思います。

願わくば、「土日と祝日が重なる場合は祝日を平日に振り替える法案を成立させます!」という感じで法律を変えてほしいものです。

まあ、法律を変えるのは非現実的だとしても、この月は祝日と土日が重なるから他の日に休みを増やそうという社内ルールを会社側が新たにつくるのは現実的だと思いますけどね。

そのほうが働く側も多少の意欲がわくので、会社の生産性はそのほうが上がります。

でも日本の会社は「働け働け!」の一方通行ですから、まじめに働こうという気がなかなか起きませんねw

景気を良くするためにと言って、日本では度が過ぎるぐらい働かされますけど、景気を良くすれば、結果として環境が良くなるという発想は、もう嘘だってわかったでしょう?

たとえ景気が回復しても喜ぶのは一部の人だけで、末端には利益は回ってきません、これからもです。

だから無駄な働きはもうやめにして、環境を良くすれば、景気は良くなるという発想に変えるべきじゃないでしょうか?

労働法の徹底や有給消化はもちろんのこと、祝日が週末に重なったときの平日代休の導入など、まずは環境の整備ありきなんですよね。

今後は個人でビジネスをする人が増えてくるでしょうから、企業側は少しでも気持ちよく働ける環境をつくるような努力をしていかないと、みんな逃げちゃいますよ?w

日本の景気が良くなれば、自分たち個人の懐も潤うと本気で思ってる人って、昔とくらべて少ないと思います。どうせ一部の資本家が儲かってるだけで、一般労働者には何の見返りはないって、もうあなたも体感しているのではないでしょうか?

だから、「祝日が週末と重なる場合は平日に代休を入れます」という確実に日本には存在しない、おとぎ話のような会社を永遠に探し続けるよりも、起業したほうが早いですよ。

あなたも本音隠すのはやめにしてください。

・平日は常に週末までカウントダウンしてる
・休日は嬉しい
・祝日が週末と重なると損した気分になる

もしあなたが、そのような状態であれば、それは仕事そのものが果てしなく嫌いだという証拠です。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る