ネットワークビジネス(MLM)に潜入調査した結果www



僕がサラリーマンだった頃、
低賃金でコキ使われてたから毎日がカツカツ。

1日の食事がカップ麺のみっていうのは日常茶飯事だったから、
もちろん新しい服を買ったり、
飲みに行ったりすることなんか滅多にできない。

金がないときってなんか負のオーラが出てるんだろうね。
僕の金欠ぶりは周りにすでに知れ渡ってたんだからw

「金がない」なんて周囲には一言も言ったことがないのにね。

そんな僕を見かけてか、
ある日、仲の良かった会社の先輩(以下Bさん)がこう言った。

稼げる仕事紹介しよっか?」って。ーーこれが全ての始まり・・・w

実はと言うとこれがどういう誘いなのか僕にはすぐにピンときてた。
これが巷で噂のネットワークビジネスの勧誘なんだってw

ちなみにネットワークビジネスって、
ねずみ講とか言われているアレですw

「稼げる仕事あるんだけど、一緒にやらない?」

こんな口説き文句を言われたのは、
今回はじめてではなかったからなー。

たとえば・・・
食事に誘われて、食事中にテーブルで急にパンフレットや資料を出されたりw
紹介したい人がいるからって言われて、
突然、見知らぬ人を呼び出されて気まずい中、食事したりw

「これ体に良いんだよ」って、
僕の飲み物に謎の液体を混ぜられたりとw

客観的にみれば「こいつはヤベえ奴だ」って思えるけど、
当の本人の必死さは凄いですw

ただ、これはあくまで氷山の一角であって、
今までもさんざん嫌というほど”稼げる系”の勧誘をされてきたから、
もう長い間この手の話はスルーしてたってわけです。

そしたら今回は仲の良いBさんからのお誘いですよw
「この人もか・・・」って残念な気持ちもあったけど、
今回だけはいつもと違う感情が湧いてしまいました。

それが潜入捜査wしてみようってこと。

ネット情報などで、ねずみ講だ、なんだって、
ネットワークビジネスには悪い噂しか聞かないので、
避けてはきたけど、

ここまで次から次へと勧誘の刺客を送り込んでくるビジネスって、
実際どういうものなのか気になって仕方がなかったんですw

ほら、”食わず嫌いはいけない”って言うじゃないですか?w

あと僕は基本的に自分で経験したことしか信じない性格でもあるんで、
もうこのまま突っ込んでみようかとw

ネットワークビジネスが気になって気になって仕方ない気持ちに、
終止符を打とうと思ったんですw

ちなみに僕の計画では、
あえて「ネ」の字も知らない初心者のフリをすること。
そのほうがどんな手を使って勧誘してくるか興味があったからw

それらを踏まえて実際にネットワークビジネスに潜入捜査した結果、
どうだったのか?どんなものだったのか?
僕の経験談をのせておきますよ。

誤解しないでほしいのは、
僕はあなたに「やれ!」とも「やるな!」とも
言うつもりはありません。

今はどうか知らないけど、
蔓延してるネットワークビジネスの勧誘に
嫌気がさしてる人が多いかと思うので、
僕の体験談を少しでも役に立てたらなあと思ってるだけですw

実際にネットワークビジネスの世界に足を踏み入れるか入れないかは、
あなた次第だと思います。

また僕はそのネットワークビジネスの会社を吊るし上げる気はさらさらないんで、
ここでは会社名は伏せておきます。

ちなみに、ア○ウェイではないwww

ネットワークビジネスの勧誘方法

まずネットワークビジネスの
代表的な勧誘方法ってのをお伝えしておく。

他のいろんなビジネスでも取り入れられてるケースはありますが、
基本的にはセミナー動員テーブルABCの2種類があります。

ちなみにこの手法にはホイラーの法則ってのが使われている。

ホイラーの法則ってのは、
ステーキを売るならシズルを売れ」っていうもので、

ようはステーキを売りたければ、
ステーキ自体を売ろうとするんじゃなくて、
シズル(ステーキの匂いや焼ける音)を売れってことですね。

腹が減ってるときは美味しそうな肉の匂いや焼く音が聞こえたら、
欲しくなるじゃない?w

そしてABCっていうのは、これ↓

  • A=アドバイザー(話し手)
  • B=ブリッジ(紹介者)
  • C=クライアント(聞き手)

Aさんは基本的にアップラインと呼ばれていて、
Bさんよりも立場は上の人のこと。

テーブルABCってものでは、
Aさんの話をBさんとC(自分)が一緒に並んで聞くことになる。

なぜこんな面倒な方法を取り入れてるのかというと、
Cを勧誘したい場合、直接の知り合い(Bさん)よりも、
第三者(Aさん)の話のほうがしっかり最後まで聞いてもらいやすいから。

さらにいうと・・・

まず「この会社の製品が凄い!」というんじゃなくて、
「凄く稼いでいる人がいる!」といって事前にAさんを持ち上げておくことで、
まずは実績あるAさんに対して興味を引くように仕向けるって策だ。

つまり・・・

  • ネットワークビジネス会社や製品=ステーキ
  • 稼いでいるAさん=シズル

ってことになります。

いよいよセミナーの開幕

そういうことで潜入捜査の初日w
案の定、セミナーに連れて行かれたわけですが、

そのセミナー会場では、
BさんからまずAさんを紹介させられたのさ。

Aさんは初対面にも関わらず・・・

  • 「いくら稼ぎたい?」
  • 「夢は何?」
  • 「どんな車に乗りたい?」
  • 「どんな家に住みたい?」

というふうにガンガンくるもんでw
もう既に面倒だったけれどここまで来れば背水の陣www

僕にはネットワークビジネスの実態を捜査するっていう
任務があるからなあw

そして挨拶(っていうか、ほとんど上のような質問攻めばかりw)も終わり、
いよいよセミナーの幕開け。

セミナー講師はこの会社のネットワークビジネスで、
最も稼いでいるという人物だった。

その人の話は主にこういうものだったはず。↓
あんまり記憶にないやw

”どんな生活をしてるのかとか、
おかげで夢が叶ったとか、成功した経緯”とか・・・

ってかこの人が話すたびに、
会場のみんなが大げさに拍手したり、相槌を打ったりしてるわけw
または感動して泣いてる人もいたしw

なぜ他人の裕福な生活状況を聞いて涙が出るんでしょうか?w
まさか新手の宗教団体なのでしょうか?w

セミナー中、僕はというと・・・
必死に眠気と戦っていたとさwww

セミナー終了後は講師の人に多くの人が群がって、
握手とか求めてた・・・
ちょっとちょっと、その人は別にアイドルでも芸能人でもありませんよw

ビジネスの内容

セミナーも終わったし、内容はくだらないし、疲れたし、
そそくさ帰って寝よって思ったが拘束時間はまだでした(涙)

これからファミレスへ行くという。
体験者はわかると思うけど、
ファミレスであいつらまた夢とか目標とか語り出すからなw

そこで改めてビジネスの詳しい内容を説明されたわけですが、
ざっくりまとめるとこうだ。↓

  • 会社で扱ってる商品は健康ドリンク
  • 会員になればビジネスに参加できる
  • 会費は無いが、会員になるためには、そのドリンクを1ヶ月に最低でも1本は購入する必要がある
  • ドリンクの値段は1本1万円(内容量1L)

ドリンク試飲させられたけど効果がよくわからんw
他のヤツらは「なんか、体が温かくなりますねー!!」とか、
言ってたんだがアホちゃうか?w

これならリポD箱買いしたほうがマシだわw

次にAさんが今後のノルマとやらを提示してきたんだ。
いやいやいや、まだ参加するとは言ってないけど・・・(心の声)

「紙にあなたの知り合いの人全員の名前を書いてください」

家族や友人、恋人はもちろん、職場の同僚、
近所のスーパーの店員、電車でよく見かける人、etc・・・

どうやら顔を見たことある程度のレベルであれば問題ないらしい。

そして次に放った一言が、
「1日最低3人に声をかけてください」だと。
アホすぎて笑えるwww

知り合いならまだマシとしても、
電車で見かける人にいきなり話しかけたら不審者確定ですよw

とりあえず何度かセミナーとファミレスに拉致されたわけですが、
何度行っても話す内容は変わりやしない。

A「今日は何人に声をかけましたか?」
僕「いや、ぜ、ゼロです・・・」
A「もっと頑張ってくださいよ、夢を叶えたくないんですか?」
僕「・・・」

ってな感じでw

さっきも言ったけど、
この時点でも僕はまだ参加するって一言も言ってないからw

そういえばセミナーには参加者がたくさんいたけど、
僕と同じように冷めた目をしてる人が、
ひとりも見当たらなかったってことが不思議・・・。

なんていうか、
みんな「将来はレクサス乗って~」
「高級マンションに住んで~」「海外に行って~」とか、
まるで催眠術にかかってるかのようにギラギラしてたw

まあ、ネットワークセミナー会場は、
人間観察の場としては最高だと言っておくw

悪魔のささやき

やっぱり将来は稼ぎたいっていう気持ちが、
僕にもあったものだから、

「余計なこと考えないでさっさと友人を勧誘しろよ」

なんて悪魔にささやかれたことも正直あったのです。

そんな状態になると、
ちょっとヤバイことになってしまいました。

それは何かというと、
家族といても友人と遊んでても職場にいても周りに人間がいれば、
常に「どうやったらこの人を勧誘できるかな・・・」って、
無意識に脳が思ってしまう。

出かけてても、メシ食ってても、
TV見てるときも、デートしてるときも・・・

常に頭の片隅には勧誘って言葉が現れてくる。
これには自分でも驚いた・・・。

でも今回の目的を見失ってはいけない。
そう潜入捜査だw

なので僕は誰も勧誘しなかった。
というかこんなビジネスしてるなんて堂々と言えなかった。

悪魔のささやきに勝ったのか?w
いや声かけれなかったのは、
ただのチキン野郎だったからなのかもしれないw

やる?やらない?

僕は自分の利益だけのために、
何のメリットも感じないドリンク(商品)を、
自分の家族や友人にすすめることなんてできないし、
こんな胸の痛むビジネスになんて誘えない。

ましてや、あんな宗教じみたセミナーになんか
連れて行きたくもないな。

まあ、人間観察モニタリングしたいっていうんなら、
セミナー来場はおすすめするかもしれないがw

また、ネットワークビジネスはねずみ講ではなく、
マルチ商法と同じ?似てる?もので合法らしいですよ。

ですがそもそも世間での評判は最悪だと思うので、
いくら合法だからといって、
大切な友人を失ってまでもやりたいビジネスではないですねえ。

実際に僕の知り合いでもネットワークビジネスの勧誘が原因で、
友人を失ってしまった人を何人か見てきたし・・・

だから僕はおすすめしない派。
けど働き方は人それぞれだからあくまでもやる・やらないはあなたの自由。

僕の潜入捜査wの体験談が、
少しでもあなたの参考になればなと思っています。

ちなみにこれはネットビジネスを知る前のお話・・・

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る