さーて来週のサザエさん症候群は?



明日が仕事だと思うと欝になりそうです。明日のことを考えないようにしないとやばい…。布団の中で明日と今の間には無限の時間があるんだと、意味のない妄想をしてみます。

今日は日曜日。ブラック企業を除く普通の会社であれば休日だと思いますが、嫌な仕事をしていないときは、本当に生きている実感があると思います。

しかし、サラリーマンをしていると、その充実感というのも薄れていくのを僕は過去に感じていましたが、おそらくあなたもそうでしょうか?

社会に放り出される前は、休日のときなんて
寝る間も惜しんで楽しいことをしてたような気がします。しかし、社会人になれば、自分の好きな趣味さえも遠ざけるようになってしまう人が多いような気がします。

また、いろんな場所へ出かけてみようとか、何か新しいことにチャレンジしてみようとか、何かを学んでみようとか、そのような好奇心みたいなものも求めなくなるような気がします。

それもこれも人生の大部分を仕事にさかなくてはいけないという事実がそういうものを奪ってるに違いありません。

仕事の前日なんて、まるで戦場にでも行くかのような悲壮感がありますし、それがエンドレスに続くなんて最悪です。

多くのサラリーマンの人は、日曜日の夜は憂鬱です。サザエさん症候群っていう言葉を考えた人は天才だと思います。とてもセンスがいいです。

ほぼ毎週発症するので、もう新たな病名ではないでしょうか?w保険適用できませんか?だって、インフルエンザよりも重症だと思いますよ。

日曜日は毎週ブルー

サザエさんは陽気だけどサラリーマンは陰気。サザエさんは愉快だけどサラリーマン不快。買い物しようと街まで出かけても、常に明日の仕事のことが気になります。

「さーて来週のサザエさんは?」というセリフで、来週の憂鬱な気持ちも予告されます。サザエさんにじゃんけんで勝とうが負けようが、明日も仕事に行かなくてはいけません。

明日からまた事が始まるのかと考えるだけで、口から胃がでそうなレベルです。

まあ、本当に日曜日が辛いかどうかは別として、なぜ実際に辛い月曜日に辛いって思うのではなく、本来、今楽しいはずの日曜日まで辛いと思ってしまうのでしょうか。不思議です…。

ほとんど何もやらなくなって不健康に…

平日の仕事の疲れのせいで、日曜日は一日中寝てしまったということがあると思います。

僕もサラリーマン時代に、休日というか休日の前日から爆睡に襲われて、翌日気づいたら夕方ってことはよくありました。

もちろん、スポーツや勉強、または趣味などはほとんどやらなくなってましたね。できる気力なんてありません。

週5日の嫌な労働の疲労は想像以上に強敵です。やる気よりも疲労の方が強いのです。

たぶん多くのサラリーマンは、実生活に趣味を持ち込む余裕すらなくなってきてるんじゃないかと思います。あなたもそうでしょうか?

趣味に打ち込もうと頑張って決意しても、明日から仕事だと考えると、一気に何もする気が起きませんよね?

やりたくもない仕事って、生きる活力を奪うだけではなく、自分の好きな趣味や闘争心さえも奪ってしまいます。まるで野生の勘をなくしたライオンのようです。

ですから、仕事(嫌いな仕事)というのは、拷問であり、苦行でもあり、そして奴隷稼業だとつくづく思ってしまいます。

決してあなたを自由にはさせない、給料(お金)っていう首輪足枷で縛られているので、ほんとは最高な日曜日も、最悪な日曜日に変わってしまいます。

しかし、このようなやる気を起こせない期間を打破するための特効薬や裏ワザなんてものはなく、自分自身で戦うしかありません。

僕はやる気が起きない期間とも戦って、一応マイペースではありますが、黙々とは脱サラの準備はしてたわけです。

たしかに時間はかかりましたが、起業したおかげでクソ労働とはおさらばできましたし、それと同時にサラリーマン時代には絶対に味わえなかった充実感っていう土産も手に入れることができました。

そして、+スポーツや趣味なども心から楽しめるようになったので、健康も取り戻せたと思っています。少なくてもサラリーマン時代よりはね。

おそらくあなたも昔の僕と同じような閉塞感を感じながら、毎日を過ごしてるんだと思いますが、そういう人には成功を手にしてほしいと思います。

また充実感や健康を取り戻すためにも、今の仕事が堪えられない、一生こんなの嫌だって思うのなら、ニートになるか、もしくは自分でビジネスを起こすしかないです。ちなみに僕のおすすめは後者ですけどね。

あなたはいま、毎週日曜日に幻聴を聞いています。「さーて来週のサザエさん症候群は?」っていう幻聴です。

このままだととてもマズいです。早くあなたの耳にも「さーて来週のサザエさんは?」とちゃんと聞こえるような日が来るために、僕はこちらのページからあなたをサポートすることができます。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る