憂鬱なルーチン



多くの従業員は、生き残るために自分の時間を売却して、時にそれらを払いながら、使い捨て電池のようにそれらを使用する機関に身をあずけます。しかし、そのような個性と魂を削る行為と与えられる賃金は決して等価ではありません。

そして従業員の生活は、いくつかのラインでかなり要約することができます。彼らは目覚めの音に目を覚まし、朝食をスキップし、控え目な交通(そしておかしな気象条件で)通勤し、自分の机の上で、いくつかの役に立たない反復作業をしながら、1日8時間(もしくはそれ以上)を過ごします。

タイムカードが息をしている時間は、オフィスの政治に笑顔でいること。会社のための「エチケット」を遵守すること。上司より先に帰宅準備をしてはいけないこと。自分の仕事が終了しても次の仕事を探さなければならないことを刷り込まれます。

ようやく帰って、夕食をすませ、テレビを見て、そして睡眠…。 この同じルーチンは、残りの人生の間、1週間に5日間(もしくはそれ以上)、それらに正確に従います。

彼らがこの地獄絵図に耐えられる主な理由は以下のとおりです。

・彼らは状況を変えるための冒険はせず、ゼロリスクを取り、彼らの快適ゾーンに滞在することを好みます。

・彼らはすでに洗脳されており、この選択が人生を明るくする唯一の方法であると信じている。

・消費者主義に夢中で、有用な人生の経験に費やすことができる自由がないので、無駄なものを買うことで心の穴を埋めようとしている。

従業員は通常、合意された価格で合意された条件で仕事を受け入れることを非常に喜んでいます。しかしその後、従業員は自己主張をすることは決して認められず、作業の時間や職場のルールに従わなければなりません。たとえそれが理不尽であっても!

また従業員は、会社が自分の生活を保障してくれて、より良い給付を得ることができ、自分の時間を設定できると常に感じています。

あなたがもしそうではないなら、この憂鬱なルーチンから脱出できる可能性があります。職場で惨めな思いを感じていれば正常です!

では、何をすべきか? - このルーチンを終了して、独自のビジネスを起動します。

失敗した場合は? - 「成功すればどうなるか?」この考えにシフトチェンジしてみてはいかがでしょう?あなたは上司を持ちません。いつでも眠りたい、いつでも目を覚ませる、望むだけ休暇を取る、、、と

うーん…しかし私は私の仕事のとどまるだろうと思う。私は、私の住宅ローン、子供のおもちゃ、妻の美容師に支払うことができないリスクを負うことはできません…  - あなたがそれを言うのなら、あなたは典型的な従業員なので、このページでトレーニングが必要です。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る