古代史の奴隷と現代の従業員の間に大きな違いは見当たりません



現代の従業員は現代の奴隷です。多くの従業員は職場でのいじめを受けても、別の仕事を見つけることができません。なぜなら、彼らには他の雇用機会がなく、失業給付に対応できない銀行に多額の負債があるからです。

定義によると奴隷とは、自宅を所有していない人であり、彼らは常にマスターの親指の下に住んでいます。現代のほとんどの従業員は、家を所有していない(つまり、銀行が主に所有している家々)、雇用主を喜ばせるために何かしたいと考えている。

もしも、従業員が上司に対して正式な苦情を言ったとしても、企業はそのカーペットの下で従業員の主張を席巻します。それをみんな理解しているので、上司の不正行為を目撃した同僚、多くの従業員は、上司に対して証言したがらないのです。

多くの従業員は上司に対して証言する潜在的な影響に恐れています。ボスが有罪であることを知っていても、ボスに対して証言する結果を恐れている。ある種、その恐れは、自分の子供、住宅ローン、請求書を守るための自己防衛とも言えます。

明らかに現代の職場は、すべての尊厳、勇気、自尊心の平均的な従業員を取り除いています。残念ながら、ほとんどの従業員は上司に立ち上がって間違っていると言えば、人間の尊厳を失います。合わせて勇気を失い、人間の礼儀までも失った。

僕は古代史の奴隷と現代の従業員の間に大きな違いは見当たりません。

さて、ストレートな質問です。:あなたの上司に対して不正行為が見られた場合、あなたの上司に対して証言する人はどれくらいいるでしょうか?

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る