あなたが従業員になる代わりに奴隷になっている7つの兆候



文字どおり奴隷制度は現代にまで残る習慣です。ここでは人間の搾取の別の形-雇用奴隷制度について話します。それはあなたの人生を台無しにするかもしれません。

一般的に僕はこれを自己執行奴隷とみなしています。なぜなら、それは最終的にはそのような状況下で働く人の選択だからです。しかし、洗脳が起こり、脱出できないという幻想を作り出すことも理解しています。

仕事とは、富を創るうえで、最も効率的な方法であり、本来、雇用は相互利益のビジネスの取引です。

しかし現状は、労働量と給料は決して等価交換ではありません。会社はまるであなたの利点を活かしているようにふるまっていますが、実際にはそうではないハズです。この事実に気づかれないように心理的なテクニックを使うことで、多くの仕事は実際の奴隷状態に非常によく似たものになっています。

あなたがもし現状についてよく分かっていなければ、奴隷状態に陥るのは簡単です。あなたの人生における自由意識が完全に消えたという印があります。これからお話しすることは、あなたが従業員になる代わりに奴隷になっている7つの兆候です。

1.あなたは会社のために最低賃金で働く

今のあなたの賃金はあなたの生活の外観を維持するのに十分ではありません。日常に余裕がまったくないことはとっくに感じていると思います。あなたはマジメでなければならないと学校で教えられてきたかもしれませんが、あなたのその勤勉さは、あなたにとって非常に悪い取引であり、上のスーツに支配される機会です。

2.あなたはどこにも行けないと言っている

「あなたは就職できて幸運です!」あなたという賃金奴隷が、別の場所へは行けないと自ら信じ込むように悪い雇用主が使う心理的なワードです。

そのような言葉は、あなたの感覚が正常であるとあなた自身に思わせるために使われます。それを理解すると、自発的奴隷制度はまれな現象ではありません。それは、人がどこにも行くことができないという信念の中に洗脳されたときに起こります。このような心理的な落ち込みを利用して、開花するかもしれないあなたの能力を奪います。

3.スケジューリング虐待に従事する

職場で残業時間は避けられないかもしれませんが、一部の企業はシステムを乱用します。つまり、会社は時間外賃金を拒否します。たとえ、従業員がその不正に気づいたとしても、昇進を拒否されたり、解雇されたりするという脅威の下、ボスの激しいプレッシャーの中で、あなたはその不正に目を閉じています。

4.休暇はお勧めしません

日本の労働者はそれを使用しない傾向があります。これは多くの雇用主が、「休暇を取る者」を昇進しないというリストにあげる可能性が高いことを示唆しているからです。彼らは、会社にとって不条理なバケーション希望者が早期に解雇される人になることを示唆しているのかもしれません。

奴隷制度は、個人が自分の人生を維持するための自由時間を許さない。自由時間を認めてしまうと、従業員が反対運動を引き起こし、会社のシステムを破る可能性があるからです。

だから、管理者の間での暗黙のルールは、従業員のライフスタイルを破壊することであり、シーソーが家族や趣味に傾かないように、全面的に働くほうに錘を置きます。

5.あなたはあなたの上司を恐れている

あなたは無意識にあなたの上司を恐れている。奴隷マスターは従業員の主題を崩壊させ、おそらくは時間をかけてバックアップします。

虐待的な雇用主は、恥や罪の感情を生み出すためにはどのようなヒモを引っ張るべきかを正確に理解しており、あなたが人生のために追いかけようとしている夢がどれだけ無益なのかを語ります。

6.職場は似たような条件を提示する

重要な説明責任を持たない絶対権威主義。質問や批判的な質問に対する寛容さえなく、指導者(上司)は常に正しい、そして、退職していった前の追随者(従業員)は悪として非難される。もし仕事が少なく感じるなら、あなたは次の仕事を探さなければならない。そして、上司の影響力、あなたの無力感がより重要です。これは職場の運営または管理に副次的な利益をもたらすことを意味します。:権力と支配力。

7.あなたはインターンシップとして働く

あなたが従業員ではなく賃金奴隷であるという一番の兆候は、あなたは無給インターンシップ(職場体験)に取り組んでいることです。それは大学の単位ではありません。厳しい職場条件・長時間労働・ゼロ賃金になればなるほど、大きな「経験」と貴重な「つながり」が約束されるだけです。

一般的なインターンシップは、学生の実際のカリキュラムの一部であれば素晴らしいです。しかし、あなたが取り組んでいるものは、実践的な仕事と実際の経験と無駄な教室を意味します。

また、この"非クレジットインターンシップ"は、若者を奴隷制度に誘うためにも存在します。そのようなインターンシップの現実は、結果的に無給の仕事だけを望んでいるということです。お金よりも経験。お金よりもやりがい。というふうに…。

賃金が上がるという約束はありません。あなたのインターンシップが終わると、彼らはあなたを捨てて、次の犠牲者を見つけるだけです。

大企業が、巨額の利益を上げているにもかかわらず、まだ未払労働を望んでいるという事実は、それを可能にする下層の人々を犠牲にして富を上にあげる奴隷運転の考え方を示しているのではないでしょうか?

要約すれば…

雇用 - 奴隷制度の状況はよくあることです。ごく普通。しかし、最終的に、それがどれほど悪いかを知るための判断材料は一つの質問です。

あなたは幸せですか?

あなたは今の仕事が大好きで、幸せで、仕事の性質が好きで、あなたがどこにいてもあなたを動かすと感じるなら、それは奴隷ではありません。たとえ低賃金であっても、あなたは投資をしているか、少なくともあなたがしていることを楽しむことができていると思います。

しかし、あなたの現在の状況がとても悲惨で、不安感を感じるなら、誰かがあなたを利用していることを伝えるあなたの直感である可能性が非常に高いです。

本来、雇用はビジネス契約であり、サービスの交換であることを忘れないでください。決して片方がコントロール(不利な状況に)されるシステムであってはならないということです。そして時に、逃げる意欲は、ひどい就職状況に対するあなたの最強の防御でもあります。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る