あなたは孤独を感じてませんか?



あなたは自分が世界から完全に放棄されたような気がしますか?あなたは孤独感、うつ病感に苦しんでいますか?もしそう思うならそれは間違っているのかもしれません。

人間は社会的な生き物になるように設計されており、ある研究では、他者との交流がないと、精神的、感情的、社会的な重大な問題を引き起こす可能性があることを発見しました。

それだけではなく、早すぎる死につながることもあります。僕たちは実際に他人を愛し、他人から愛される必要があります。

しかし残念なことに、技術の進化のおかげで僕たちの社会は、もはやお互いにはほとんど触れないように進化しました。だから僕たちのほとんどは、日常の中でやりとりする人の数はかなり限られています。

子供のとき、少なくとも学校では、他の人とのやりとりがかなりありますが、成人になると非常に違います。

大部分の大人たちは朝起きて、働くために自分自身を運転します。大量の交通機関を利用しても、実際に誰とでも有意義な会話をすることはとても""です。

僕はサラリーマン時代、毎朝地下鉄に乗り込む日々を覚えています。ほとんどの時間、混雑時には鉄道が完全に詰まっていたにもかかわらず、完全な沈黙がありました。ほとんどの人は目を閉じたり、本を読んだり、外を眺めたり、自分の携帯電話(スマホ)を見つめたり…

人類の歴史の中の他のほとんどの発明よりも、実際の人間の相互作用を損なうために、携帯電話(スマホ)がおそらく多くのことをしていると言わざるを得ません。多くの人がちょうどゾンビのように周りを歩いています。それは人間にとって最悪です。その中には、実際に会話をするのに十分な時間をかけてもらうことは事実上不可能です。

ほとんどの人が雇用の場に行くと、上司や同僚とのやりとりがありますが、一般的には仕事に関連する話題に限られています。もちろん、職場でも非常に深く有意義な関係は構築できますが、最近はかなり稀です。

一日の終わりには、ほとんどの人が電車に戻り家に帰りますが、周りの人と無作為に会話をすることは、通常行われていることではありません。

夕方には、大多数の人が、企業メディアの巨人が僕たちのために企画した「エンターテイメント」を消費します。ダラダラとテレビを見て、数時間を費やしています。携帯電話(スマホ)のように、テレビも人間の相互作用に起きる最悪のことの一つだと僕は思っています。昔と比較すると、他人と接触する機会が減り、今日の出来事を報告し合う時間が減っているのです。

僕が指摘しようとしているのは、僕たちの多くが深く孤独になってしまってるということです。すべての人口動態を越えて、孤独は文字通り僕たちを殺している伝染病です。インターネットとソーシャルメディアの「接続された」世界で、いくつかのボタンをタップするのは簡単ですが、バーチャルされた会話ではなく、"生"の会話をすることはおそらく簡単ではなくなっているのかもしれません。

僕自身も意識するようにしていますが、ときにあなたも生身の人間同士で会話することを望みます。バーチャルな世界の会話ではなく。あなた自身がもし孤独を感じているなら、近い人と一言でも会話ができるよう心がけてみてください。逆にあなたの周りに孤独に苦しんでいる人がいると感じたなら、声をかけてみてください。また、一人で暮らしている親や祖父母がいる場合は、定期的に訪問してあげてください。

それが彼らにとってどれだけ意味を持つのかは僕は分かりませんが、いくら一人の時間を好む人間であっても、生涯孤独を望んでいる人間はいません。

僕たちの多くはとても孤独な気分に陥っています。テクノロジーが僕たちの人生を引き継ぐにつれて、本当の人間の相互作用の必要性はさらに高まると思います。多くの人が心の底で助けを求めている中で、それを少しでも解決してくれるのがあなたならば、あなたは一目置かれます。

ビジネスの成功も人生の成功も、最終的には""です。

あなたがどれだけIT分野に詳しくても、あなたがどれだけHP作成に長けていても、あなたがどれだけキーボードを打つのが速くても、あなたがどれだけセールスがうまくても…あなたに成功をもたらしてくれるのは""ですよ。

僕たちの世界はとても寒い場所になりかけているので、あなたの周りの人たちに、あなたが手を差し伸べることがポイントです。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る