奴隷、召使い、従業員?違いは何ですか?



ほとんどの人は、自分の人生を他人のために働かせ、他人に借金を払い、他人から"やるべきこと"を伝えられる仕事をしています。

僕たちは自分自身を「奴隷」や「召使い」と考えるのは好きではありませんが、それは世の中の大部分です。僕たちの奴隷化の仕組みは、時間の経過とともにはるかに洗練されたに過ぎないということです。

借り手は貸し手のしもべであると言われており、ほとんどの人は大人の年の早い段階で借金を開始します。実際に大学に通って教育を受ける人は優良企業に入る可能性がありますが、それは借金の累積の始まりに過ぎません。住宅ローン債務、クレジットカード債務および学生ローン債務などを合計すると、多くの世帯では約1000万円超えの負債を保有しています(出典: 総務省統計局 )。

生涯にわたって、負債を返済する金額は、もともと借りた金額よりはるかに大きいです。実際、クレジットカードの借金に関しては、最初に借りた金額の数倍の返済を無意識に行っていると思います。

多くの人はこれらの債務を払うために骨に指をかけ、自分のために働いていません。その代わりに多くの人の仕事は、自分以外の他人がより収益性の高いビジネスを作ります。

他人のためのビジネスを構築し、他人が負っている負債を処理し、他人を豊かにするという人生の最善の時を過ごすなら、それはあなたに何をもたらしますか?

「奴隷」と「召使い」という言葉は非常に否定的な意味を持ち、一般的にはあまり使用しません。代わりに「従業員」という言葉を使用します。なぜなら、そのほうが多くの人をもっと良く感じさせるからです。

しかし、実際にはそれほど違いがありますか?

これは、Googleが「奴隷」を定義する方法です…

"他人の法的財産であり、それらに従わなければならない人"

これは、Googleが「召使い」を定義する方法です…

"他人のために職務を遂行する者、特に家事で家に雇われた者、または個人的な出席者"

これは、Googleが「従業員」を定義する方法です…

"賃金や給料に雇用されている人、特に非就労者レベル"

世の中のほとんどは、狭い意味で他人の「法的所有物」ではないかもしれませんが、広い意味では誰もが「はい」と答える必要があります。

ぼとんどの人は、従わなければならない誰かを持っています。そして、そうしなければならない義務を負っています。

この時点で、多くの人はこれまで以上に"雇用"というシステムに依存しています。全体的に見ると、従業員の数の方が多く、自営業者の割合は少ない。幼少期の早い時期から、僕たちは良い(と思わされている)仕事に就き、システムの良い歯車になるために勉強するよう訓練されています。

しかし、人生とは何ですか?

それは最終的に、他人に利益をもたらすシステムの一部になることでしょうか?おそらくあなたはこれがあなた個人に当てはまるとは思わないでしょう。誰かがあなたに近づいて、本当にあなたが所有してるものを尋ねたら、あなたは何と言いますか?

あなたの家はどうですか?あなたはそれを所有していますか?事実、住宅ローンを組んでいる場合、家や土地の所有権は銀行全体にあります。

しかし、たとえあなたの家を完全に"払い戻し"たとしても、あなたが実際にそれを所有しているということですか?

いいえ、実際にはありません。あなたが財産税(固定資産税など)を適切な当局に支払うことをやめるとどうなるか見てください。本当にそれを所有していますか?それについて考えるべきです。

あなたのすべてのものはどうですか?あなたはそれを所有していますか?しかし、人々の非常に大きな割合は、そのようなものすべてを得るために、自らを奴隷にしてしまっています。

持ち家とは言わず、今日、少なくとも1つのクレジットカードを持つ場合でも債務があります。クレジットカード残高を返済しないと、クレジットカード会社があなたの猟犬を解雇します。

事実、平均年収約420万円に対し、債務1000万円のとなれば、あなたの所有物が所有物でなくなることは現実です。ただし、世の中があなたに救いの手を伸ばすことはありません。あくまで一部の裕福な人々だけが甘い蜜を吸えるように、現在の世の中のシステムは集団的に「従業員」を作ることを喜んで選択しています。

僕たち自身がこれを容認することは十分に悪いことです。

さらに、そのシステムは再び税金を引き上げることを望んでいる。子供たちや孫たちのお金をもっと早く盗む必要があると言います。彼はいつもこれらの増税を「富裕層への税金引き上げ」と謳っていますが、どういうわけか、彼らはほとんどいつも中産階級を打ち負かすように見えます。

だから大多数が実際に深く奴隷にされているという真理ではないですか?まあもちろん、僕たちが世の中のシステムを変更することは不可能ですが、現状を直視し、少なくとも、自ら喜んで「従業員」制作のゴンドラに乗ってはいけません。

どうしてもあなたが、自分以外の他人に利益をもたらすシステムの一部になりたいという"稀な"考えの持ち主なら、まずはあなた自身が潤うよう努力し、あなた自身が幸せになった後でも、それは遅くありません。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る