メールマガジンを活用してビジネスを飛躍させる方法



あなたのビジネスにメールマガジンを活用することは費用対効果の高い方法の1つです。ここではそれについて考えてみます。ここではメールマガジンを利用して、あなたのインターネットビジネスの利益を飛躍させるためのヒントを何点かお伝えしますので、最大限に活用してください。

1.準備する

メールマガジンを開始する前に、あなたのターゲットについて明確に考えてください。男性?女性?年齢層は?地域は?どんな悩みを持っている人?etc… これを知ることは、あなたが言いたいことの種類、質問するべき質問、または利用可能な情報を精神的に準備するのに役立ちます。そして、あなたがターゲットとする人々はどのような問題を抱えていて、どのような解決策を欲しがっているのか?あなたの言葉が適正かどうかは不明ですが、ターゲットとなる人々の状況を想像することが重要です。

2.メールマガジンはプロセスであることを理解する

メールマガジンを活用して販売をすることは、即時の報酬を得るための一回限りの活動とみなしている人が多すぎます。これはとても非現実的です。

多くの友情とロマンチックな関係を開発するのには時間がかかります。それと同様に、ビジネスにも時間を費やす必要があります。明らかに例外がありますが、適切な顧客をすぐに見つけられないとしても落胆しないでください。

メールマガジンはあくまで、顧客との関係を構築するためのツールです。販売に至るまでのプロセスにすぎません。何度も同じ人とコミュニケーションをはかり、関係を深めたり、ニーズに合った人と出会うことができる便利なメディアであることを覚えておいてください。

3.あまりにも強く来ないでください

あなたに初めて会ってから2分以内に、あなたの「親友」と同じような態度・同じような口調で、生命保険のパンフレットを差し出す強引なセールスマンがいたとしたら、あなたの気分はどうなりますか?たとえそれが素晴らしい製品だとしても… あなたは、顧客が悩みを伝えるチャンスを与える間もない強引なセールスマンにならないでください。

むしろ、柔らかく柔らかいアプローチを取って、顧客を怖がらせるよりも、関係を構築することにもっと集中してください。ビジネスにスキルの一部は、ハード販売の時期とそうでない時期を見極めることです。

4.興味を持ってください

「私のすべてを見て」、「私を信用して」、「私の考えを理解して」、「私の製品はすばらしい」…
誰も、そのような「私の専門家」が好きではありません。

相手のことを知るためには、話すことよりも聞き取りを行うほうがいいです。彼らの行動や自分の人生に価値をもたらす方法を知ってください。彼らの言動に興味を持ってください。

人々への真の関心を示して、彼らの悩みに耳を傾けてあげると、彼らは自分自身について気分を良くし、あなたのことを好きになります。

5.フォローアップ

あなたは強すぎることを避けるべきですが、それは適切なフォローアップの必要性を否定しません。多くのビジネスマン(アフィリエイター等)は販売の後のフォローアップに失敗する(むしろ面倒だからかやらない)。これでは一気に信頼を失います。

あなたが顧客に「フォローする」と約束した場合は、速やかかつ効率的にそれを行うよう努力してください。あなたが約束したことは確実にしてください。

また、あなたが具体的なことを約束していない場合でも、「有望」と思われるフォローアップは積極的にしてあげてください。ただし、拒否されたらすぐにやめてください。

6.主導権を握る

メールマガジンから期待した結果が得られない場合は、絶望しないでください。上で挙げたことを取り入れてみれば、あなたのビジネスはいつの間にか大きなものになっています。あなたが環境をコントロールし、あなたの目的に無関係な人を取り除くことができれば、あなたの人生は大きく潤います。

追伸:

顧客の悩みを知った後、それがあなたの製品(またはサービス)で解決することができないと判断した場合は、目先の利益に誘惑されて、それを無理やり販売することはやめてください。あなたは"一時的な金銭"を手に入れられるかもしれませんが、顧客には悔しさしか残りません。

もしあなたのスキルでその顧客の問題を解決できない場合は、正直に「できません」と断るか、もしくはその問題解決に長けている知人がいれば、その人を紹介するのもいいですね。この方法は一見すると、あなたは顧客と利益を失って、損をしているように見えるかもしれませんね。確かに一時的な利益は失っているのかもしれませんが、このアプローチを取ることで、顧客(または紹介した知人)から、あなたは"信頼"という長期的に役立つ大きな利益を得られることになります。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る