魅力的な見出しとコンテンツを書くためのトリック



あなたがコンテンツを作るときに、できるだけ読者の興味を引き付けられるような見出しコンテンツを考えるために、貴重なちょっとした数時間を使ってキーボードを叩いてみませんか?

あなたが効果的な見出しとコンテンツを書くことができるように以下に何点か参考を挙げてみました。

効果的な見出しを書くために

見出し(つまりタイトル)は、あらゆるストーリーのエントリーポイントです。もしあなたの見出しがうまくいかない場合、あなたはすでに読者を失ってしまっています。どれだけ素晴らしい記事を書いてようがゲームオーバー。だからなるべく読者の注意を引く見出しを作るために、これらのトリックを使用して、読書を促すこともできます。

1.質問する
読者を引き付ける見出しの書き方を知りたいですか?

2.声明を出してください
読者を引き付ける見出しの書き方は○○です!

3.見出しを短く
最大32文字が基本と言われていますが、できるだけ短く。

他にも、より多くの訪問者を引き付ける良い記事の見出しを書く方法 で説明しています。

魅力的なコピーを書く

後読のコピー(記事・コンテンツの内容です)は見出しに暗示された約束を伝える必要があります。あなたの見出しを無関係のような物語を読むことは、読者にとっては悔しいことであり、時間の無駄です。失望した読者はあなたのWebサイトを離れ、二度と戻ることはありません。

読者がストーリーを放棄しないように

1.読者を見出しからストーリーに引き込むリード段階に、奇妙な研究・興味深い事実・または短い物語のようなフックが含まれていることを確認します。

2.乾燥した・鈍い・想像力のないコピーを放つことはやめてくださいね。コピーは会話です。あなたのコピーに暖かさと感情を注入することによって、より読者との絆を構築することができます。あなたの読者とエンゲージしてください。

3.Webコピーを視覚的に魅力的にする。場合によっては正確に段落をつけ、見出し、小見出し、箇条書き、番号付きリストを使用して、小さな塊の情報にコピーの頑丈なブロックを分割します。

4.あなたのコピーに強い行動を促す言葉を含めること。つまり読者に次に何をするのかを指示すること(例えば、「ここをクリックしてください」等)。

5.検索エンジンに特定のキーワードを入力したときに合わせて検索されているSEOのキーワードや単語やフレーズを含む(「サジェストキーワード」や「Yahoo虫眼鏡キーワード」などと検索してみてください)。読者は関連性があると思う場合、ストーリーを読む可能性が高くなります。

6.最初に一気に書く、後から編集する。ビジネスアイデアを生み出す(見つける)ためには でもお伝えしましたが、思いついたままの文章を一気に書いてください。最初から文章の構成を気にして、頭ガチガチになっていると、アイデアは逃げていきます。あなたのアイデアを書き終わった次にいくつかの編集を通してあなたのコピーを細かく調整する。最初に記事を書いてから、次にリードとヘッドライン(見出し)を書いてください。

Webのコピーライティングは難しいですよね?じゃあプロのコピーライターを雇いますか?その考えもいいですね。しかし、それを学び、自分のスキルにすることができたらどうですか?そのほうが長期的にあなたの人生に役立つと思いますよ、僕は。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る