ビジネスアイデアを生み出す(見つける)ためには



今ではインターネットビジネスが普及したことによって、伝統的な雇用感や昔から信じられてきた価値観は大いに崩壊したのかもしれません。

10年以上前のことは、ほとんどの人にとって普遍的に受け入れられている真実でした(何らかの教育を受けて、次に良い就職先を見つける必要があります)。

あるいは、もう少し野心的で勇気があった人たちは、大きな経済上のリスクと永久に長い時間を要しても、自分たちの運命のマスターであるオフラインのビジネスを構築しようとしました。

上で挙げた状況はすべてOKであり、依然として生計を立てるための正当な方法ですが、これまでとはまったく異なるように、インターネット(オンライン)という形で生計を立てる別の次元があり、誰もがアクセスすることができます。そして何十年も前には不可能だったビジネスや収入の手段を誰でも追求することができます。

そして、これは僕たちが作りたいと思うポイントまで素敵なセグを残すことができます。もし、あなたがまたインターネットで生計を立てることが不可能と思うのなら、何かしらの理由であなたの創造力は制限されています。

あなたが良い創造的なアイデアを考え出すことができれば、インターネットがこの世に存在し続ける限り、それを発信することができる場所がないと困るようなことはありません。そしてそれはまだ未完成でもまったく問題ありません。少しずつ完成に近づけばいいです。必ずしも、パンが焼きあがってから店頭に並べる必要はないということです。

僕たちの両親や祖父母の時代の方法とは違って、インターネット上で成功するためには、あなたの上司からの許可や東大の卒業証書は必要ありません。本質的にそれはすべてあなた次第。ただそれだけです。

言い訳をしないでください - 何かをすることを計画してからそれをしましょう!

これは、最も成功した人々の共通の特徴であると思われる基本的な態度です。たしかに数十年前であれば、自分のビジネスを持とうと思ったとき、経済的および他の障害に直面したかもしれない…。しかし、インターネットが登場したことによって、それらの障害は蒸発してしまっています。目標を設定し、それを実現するために必要なことをすべて実行するというモードに入ることが重要です。

創造性は学ぶことができ、必ずしも神が与えた才能ではない

創造的なアイデアを生み出す(見つける)可能性を高めるためには、決して遺伝的な創造力ではなく、物事をやったやり方が大事です。以下であなたが創造的になるのを助ける可能性がある少数の原料をお伝えします。

1)あなたの生活の中で、あなた自身を助けてくれたもの(補助してくれたもの)役に立った(これがあった助かった!)もの。足りないもの(こういうものがあればもっと楽をできたのに…)逆に、不満に思うもの(これがあることによって楽ができない…)等。周りのことを普段より注意深く観察する。時に不満や不安やストレスになることが、創造性のヒントを与えてくれることもあります。静かで学習や作業ができるスペースがあれば、大いに役立ちますが、騒がしい市街地に出てみるのもいいですね。可能ならば!

2)物事を試すことに自信を持ってください。間違いを犯す恐れを排除することにより、あなたの心はよりライトになります。心がライトになれば、リラックスの状態がつくれます。→面白いことに人間はリラックスしてるときに、より良いアイデアを思いつくことが多々あります。大丈夫!心配しないで!おそらく、あなたが間違いを犯した瞬間だけは周りの人々に笑い者にされるかもしれませんが、明々後日にはほとんどの人が忘れています。だって、結局人間は自分に一番関心があるのだから。他人がやったことなんて大体が忘れています。

3)ガチガチ頭は捨てて!もしかしたら、1)と関連するかもしれませんが、良いアイデアを搾り出そうとすればするほど、うまくいきません。ペンと紙を用意して3時間も机に向かってみたけど…と。しかし、トイレに立ったらわずか十数秒でアイデアが突然振ってきた。急いでメモ用紙を取りに部屋へ戻るけど、部屋に着いた瞬間、さっきのアイデアはいなくなっている…というのはよくある話(笑)真剣さは大事なことですが、真剣になりすぎることで、時にアイデアは逃げていきます。常に頭は軽く!(良い意味で)

新しいことを学んだり、新しいものを見たり、あなたに創造性(アイデア)をもたらしてくれるものは無限にあります。そして、天からアイデアをプレゼントされたらそれを試すことを忘れないでください。

あなたのアイデアを試すときにはやはりインターネットを利用することをオススメします。言ってしまえば、それを利用するなら、自分の家で安心して自分のペースであなたのアイデアを資産に変えることができます。結局のところ、ウェブ上で何かビジネスアイデアを試して、もしうまくいかなかったとしても、何百万ものリスクはありません(もちろん例外はありますが、一般的にはこれが当てはまります)。何度でもリスタートできます。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る