ドメイン名を決められないあなたへのヒント



ブログを設定するときまず最初に気になることは、ドメイン名をどのように決めるのか?ということです。WebサイトのURLなどに使われるドメインを正確に言うと「インターネット上に存在するコンピューターやネットワークを識別するための名前」です。もっとわかりやすく言い換えると、インターネット上の住所に当たります。

僕は良いドメイン名を前もって選択することが重要だと考えています。ドメイン名はある種ブログの"顔"といっても過言ではありません。あなたのサイトが確立され、徐々にブランドが構築されていく中、途中でドメイン名を変更するとなると、あなたは再び"0"のGoogleページランクでブログを開始しなければなりません。ランキング等はあまりにも低下します。

そうなると結論は、最初から一緒に暮らすことができる良いドメインを選びたいということです。ただ、僕はドメイン名を選ぶ方法について厳しい規則があるとは思わないので、ドメイン名を選ぶ際の指針として、今回の記事はあくまでも参考のひとつとして捉えていただけたらと思います。

キーワードを使用する:サイトを表すドメイン名のキーワードを使用します(意味がある場合)。ドメイン名は、製品またはサービスの性質を示す必要があります。一般的に良いドメイン名はサイトの内容を正確に表しています。訪問者がドメイン名を見るだけで、このWebサイトが何であるかを知ることはとても重要です。たとえば、あなたのサイトが「運動がしやすい靴」に関するものであれば “www.sneakers.com” アンティークに関するものであれば"www.antiques.com"のような感じです。

簡単で覚えやすい:あなたのサイトの訪問者があなたのサイトに再訪しようとするとき、サイト名を忘れてしまっていることがあります。そうなると、ブラウザにドメイン名を直接入力して、あなたのサイトに再び訪問する場合があります。もし、その訪問者がドメイン名も覚えていない場合、あなたは潜在的なトラフィックを失う危険があるので、ドメイン名は簡単で覚えやすいほうがいいです。

ドメイン名を短く:短いドメイン名は訪問者から「覚えやすい」という点にも役立ちます。ドメイン名は早い者勝ちなので、短く覚えやすいドメイン名はすでに他の誰かに取られていて、取得するのは簡単ではありませんが、基本的には、"www.abcdefghijklmnopqrstuvwxyzabcdefghijklmnopqrstuvwxyz.com"のようなスーパーロングドメイン名はあまり望ましくありません。名前が長すぎると混乱し、ブラウザで名前を簡単に間違えることがあります。

必要に応じてハイフンを:必要に応じてですが、ドメイン名にハイフン(‐)を使用することも有効です。たとえば"www.domainname.com"というドメイン名の場合は、"www.domain-name.com"としたほうがメリハリがつくような気がします。また、単語の間にハイフンを使用すると、可読性が向上する場合がありますし、検索エンジンのランキングでも役立つこともあります。

簡単に入力できる:上記2点と近いですが、入力が簡単なドメイン名にすることもいいです。簡単にドメイン名をタイプすることはブランド化に適していますので。

ローカル:あなたのビジネスのジャンルがローカルの場合は、ドメイン名(例:kyoto-touristattractions.com)に地域、都市または都道府県を追加することを検討してください。それが意味を成すならば、それをしてください。

あなたの名前:あなたのビジネスの主要な商品があなたならあなたのドメイン名として"yourname.com"を使用してください。このサイトもこの方法を採用しています(tatsukig.com)。あなたが著者、スピーカー、コーチとなり、あなたの情報を発信していくなどであれば、これはうまくいきます。また、あなたのビジネスが製品またはサービスに基づいている場合は、"(あなたのビジネス名).com"または"(製品名).com"を使用してもいいでしょうね。

数字を使用する:ドメイン名は英語表記でなければならないというルールは存在しません。上記のキーワードを使用するで、訪問者がドメイン名を見るだけで、このWebサイトが何であるかを知ることはとても重要です。とお伝えしましたが、それを実現するために数字を使用することはとても有効です。ドメイン名に直接数字が含まれているものもあれば、語呂合わせで数字を使用しているケースもあります。これには少しアイデアを絞り出す必要がありますが、実は、アルファベットのみで羅列されたドメイン名よりも数字も含まれてたほうがインパクトがあり、覚えやすかったりします。

極端ですが少しだけアイデアの例を出してみます。

"310.com":ミント系の商品を扱うときに使えそうな気がします。
"832.com"(はちみつ)を使用した商品を扱ってるとき。"5572.com"(ココナッツ)美容に関するWebサイトを運営していて、その中でココナッツミルク・ココナッツオイルの商品を扱っていれば使えそうです。

人物(名前)を語呂合わせにした数字を使うこともできます。たとえば、あなたが野球好きで稲葉ジャパンに関するサイトを作るとき、"
inaba-japan.com"とするよりも"178-japan.com"にしたほうがインパクトがあるように思えます。

他にも例を出すと、あなたが「育毛」に関するサイトを作ったとしたら、そのドメイン名は何にする?"ikumou.com"?それとも"fusafusa.com"にする?それでも問題ないですが、たいがいはすでに取得されているはずです。そこで"2323.com"(フサフサ)としてみるのはどうだろう?シンプルかつ覚えやすいドメイン名になりませんか?

知っておくべきいくつかの一般的なこと

法的紛争:すでに確立されたライバルと類似するドメイン名を選択していないことを確認するために少し時間を費やしてください。過去に"microsof.com"のような、マイクロソフトを連想させるドメイン名を取得して、裁判沙汰になっている事例がある。

著作権の問題:使用する名前が著作権で保護されていないことを確認してください。これはだいたいわかりそうですね。

最後に

冒頭で述べたように、僕はドメイン名を選ぶ方法について厳しい規則があるとは思いませんので、あくまで参考程度にしていただけたらと思います。ドメイン名を決めることは少し難しく、アイデアが必要かもしれませんが、あなた自身の味を加えることを恐れてはいけません。一般的な知識を使い、賢明で最善を尽くしながら、創造的になることです。

ちなみにトップレベルドメイン(.com .net .jpなど)ドメイン名の最後に来る文字のことですね。は「トップレベルドメインの違い」というふうに検索すれば、参考サイトがたくさん出てくるので、あなた自身で判断してみてください。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る