成功パターン



自分の目標を達成させるにはしばらく時間がかかるかもしれません。人は目標に向かうとき、いくつかの誤った開始と後退に耐えます。

もちろん、すべての人が成功するわけではありません。ある人はあきらめます。ある人は社会的なグループに戻っていきます。また一部は無意識のうちに焦点を当てれずにドリフトします。

しかし、目標達成のために設定した自分の行動パターンを維持する人は、最終的に成功するでしょう。学習と成長を続け、意識を持ち続け、進歩を遂げ、目標に近づいていきます。

目標を達成することに成功した人のパターンにはある共通点があります。それは、自分の目標をファンタジーの領域から現実世界へと移動し、それを達成するための実用的な目標に変えるということです。

もし、あなたの目標がまだファンタジーの中にあり、視覚的に記述できていないなら、あなたの目標はまだあいまいな幻想です。

あいまいな幻想から始めることは大丈夫ですが、そこに詰まりっぱなしではいけません。あなたの目標をファンタジーの世界から外し、現実世界の経験に変えてください。あなたが過去の記憶を枠に入れてきたのと同じ方法で、あなたの将来のために今の経験も枠に入れていく。今の経験が少しでも目標の成功を手助けしてくれるように意識して過ごす。

本当の目標が最終的に達成され、それが記憶になります。思い出には感覚があり、ほとんどが視覚的です。したがって、明確な目標を設定したい場合は将来の記憶も記述します。ちなみにお金を稼ぐのは記憶ではありません。

もし僕が、昨日あなたがしたことを聞いたら、「お金を稼いだ」と言いますか?そんなこと言ったら、脳に何かダメージを与えるかもしれないよ。あくまでもお金はあなたの目標を手助けしてくれるツールのひとつです。「お金を稼ぐ」があなたの最終目標にならないよう注意してください。

将来の記憶を記述するときには、あなたの目標と意図を述べてください。実際に体験したい出来事は何ですか?それにはお金が○円必要ですね。じゃあ、それを達成するためにはまず○円稼ぐ方法を考えましょうよ。

穏やかに始める

成功する人は、控え目なゴールから始め、それをいくつか作ります。そしてその集合体が結果的に大きな成功を生みます。逆に失敗する人は、ピースがないのにパズルを完成させようとします。ピースはひとつも持っていないのに…

インターネットビジネスの例でいうと、すぐに1ヶ月で¥100,000稼ごうとするのではなく、成功する人は、1ヶ月あたりに¥10,000の収入が入ってくるような控え目なシステム作成から始めます。そしてこの収入に到達するまでそれを続けます。到達すれば、その小さな成功をより大きな成功へと導くために、学んだことを適用しながら、また同じようにくり返します。これを10個重ねる。

将来的に大きな成功を生みたいのなら、必ず小さな目標からあげて、まずはそれを何が何でも達成できるように動く。そしてそれを積み上げる。ひとつのWebサイトで毎月¥300,000稼ごうとするのではなく、毎月¥10,000利益を生んでくれるWebサイトを30個作るほうが比較的ラクです。

暗くならないで

ほぼすべての人は予想に反する出来事に襲われると暗くなり、しばらくすると目標を見失ってしまいます。一方で成功する人はすぐに跳ね返る傾向があります。彼らは暗くなっていることを認識し、休憩が必要な場合に限り、一時的にこの状態に陥ることを許可しますが、すぐに正しいルートへ戻ってきます。

成功する人はほとんどの時間でライトを保つ。彼らは意識を保つために最善を尽くす。針を少しずつ進め続け、一度に1つの小さなマイルストーンに取り組んでいます。彼らは後退によって簡単に落胆することはありません。

人生において、予想に反することは多々起こります。あなたにだけではなく、誰にもそれはよく起こる。だから暗くならないで。それが起これば、ある程度休憩し、また正しいルートへ戻ればいいだけです。

シフトチェンジ

あなたにとって何が成功の手助けをしてくれるのか分かりません。意外なものがキッカケとなるかもしれません。ですから、さまざまな方法のアプローチを取るほうがいいです。

ほとんど的が外れるかもしれませんが、それぞれの失敗は学習の経験となります。アプローチを何度か試してみて、現実世界でうまくいかないとあなたが判断したときは、そのアプローチは放棄します。そして解決策に向かって、新しいアプローチへとすぐにシフトチェンジする。

失敗する人は、通常、他のアプローチをほとんど探索しません。成功する人は、ほぼ常に多くのアプローチを探索する。たとえいくつかの成功を収めた後でも、特に全体的なライフスタイルのバランスを改善するために、新しいアプローチを探求し続けています。

長旅を受け入れる

目標を設定するとき、誰もがそれを達成するために必要なすべてのステップを正確に想像することはできません。人は達成までの道のりを頭で描くとき、ゴールまでのステップを単純化します。しかし、現実は多くの詳細を見落とし、その詳細を発見するには少し時間がかかります。

あきらめる人は、その詳細を発見するために時間を使うことを嫌います。そして焦りに苦しむ。彼らは控え目な進歩を遂げていても、パスが予想以上に長くなると暗くなります。

それを解決するカギは、長旅を受け入れるということです。1年?3年?5年?かかってゴールに辿り着いてもいいじゃないですか!たしかに長旅は楽ではありませんが、ひとつ言えることとして、それを放棄してしまえば、5年後も今と同じデスクで書類を作るハメになるかもしれませんよ。

成功までのルートは人それぞれ違うと思いますが、明らかなことがひとつあります。成功する人は自分で設定した行動を長期的に持続し、柔軟性を持ち、結果が出るまであきらめないと長旅を受け入れてるということです。あたり前のことなのかもしれませんが、ほとんどの人にとって最大の課題は、精神的な試合に勝つことです。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る