お金は後から来た…



ブラック企業を含む利益を上げることだけに命を注いでいる事業所のオフィスに入るとすぐに、あなたはその抑圧を嗅ぐことができると思います。本来、人間がそのような自由の欠如を受け入れることはできません。あなたもそうだと思いますが、誰もがゾンビのように行動する場所に身をおくことを嫌っているでしょう。雰囲気はあまりにもうっすら気味が悪いです…

健康や自尊心などを破壊したい場合、そのような環境に身をおくのは素晴らしい考え方です。ただ、ほとんどの人はそのようなマシンのサービスで歯車のように扱われる場所で働くことを決して望んでいません。

あなたがもっと人生において豊かさを経験したいと思うなら、「金は木に生えない」や「お金はすべての悪の根源」「企業に就職するのはあたり前」「社会人として長時間労働は善」など、お金と時間に関する制限的な価値観を特定して改めなければなりません。

価値観を制限することは自滅する可能性があることを示しています。

より効果的なアプローチは、いわゆる制限的な価値観をほとんど無視することです。何よりもまずあなたが望むものに焦点を当ててください。あなたが実際に望んでいるものを理解することです。

当時、僕には借金がありました。あまり多額ではありませんでしたが、僕はその負債に来る日も来る日も圧迫されました。会社からの月収と返済額が同等であり、自転車操業だったため、借金から抜け出すのは絶望的でした。

なので、僕にはお金が必要でした。返済以上のお金を得るために、今までの価値観を捨てなければいけませんでした。その手段としてインターネットビジネスを選択しただけです。しかし、僕がお金だけを目的にビジネスを開始した年は最もストレスが酷いものとなりました。

たしかにお金を追い求めることは間違いではありません。始めはそれで構わないと思います。しかし、僕は実際に自分で経験することによって、「初心者がわずか5分の作業で月収100万円稼げる」という誇大広告がおとぎ話であることに気がつくことができました。実際に小学生レベルの"小遣い"程度は稼げましたが、とても生計を立てたれる状態ではありませんねw

今振り返ってみるとかなりバカげていますが、それはそうです。初心者がたった数分キーボードを叩いただけで、会社員以上の収入を稼げるわけがありません。初心者がビジネスを開始してわずか数ヶ月で裕福になれるわけがないのです。

バットを握ったこともない人が3ヶ月でメジャーリーガーになると言おうもんなら?足し算もできない人が1日5分の勉強で会計士になると宣言しようもんなら?周りから鼻で笑われるでしょう?あなたもそうするはずです。(応援はするかもしれませんが…)

ところが、これがインターネットビジネスになったとたん、数ヶ月で"一流"になれると勘違いしてしまう。「何で稼げねーんだ!?詐欺だっ!」となってしまう。PCの向こうには必ず人がいます。あなたのサービスにお金を払ってくれる人がいます。あなたは優良なサービスを提供していますか?あなたの手元にお金が入ってこないということはサービスを提供できていない証拠です。

あなたの家の水道管が壊れました。修理を頼んだ業者さんが「ぼくは初心者だから修理できるかわからないです。へへへ…」と言ったら、あなたは修理を頼みますか?お金を支払いますか?そしてその業者さんが「何でうちは儲からねーんだ!?」と言ったらどう思いますか?そんな馬鹿な話はありませんね。

「焦りは禁物」という言葉がありますが、とくにビジネスでは、あなたの道を心で守ってください。あなたの価値観や考え方を気長に情報発信し続けてください。困っている人の悩みを解決できるよう努力してください。あなたが充実していると感じる本当の仕事をしてください。あなたがどれくらいのお金と時間を投資しても、毎年深い満足の気持ちで終わります。

あなたの直感を信じ、インスピレーションに行動し、経験と肯定的な関係を築く時間を取れば、遅かれ早かれ道が見えてきます。

会社が嫌だ。借金がある。等々…あなたにも何か悩みがあり、それを解決する手段としてビジネスを選択するのであれば、あなたの創造力から収入を得ようとすることはとても素晴らしいことです。それがチャレンジの一部となるようにしましょう。

ただ、短期間でお金を稼ぐことだけをあなたのビジネスの中心的な目的にしないでください。今すぐにお金を手に入れる必要があっても、それをビジネスで解決しようとはしないでください。その場合は短期のアルバイトをしたほうがマシです。

そしてビジネスを開始するとき、最初に投資が必要だと思えば、お金を払う代わりに創造的な課題を最初に置く。成長の経験を最初に置く。

また、投資が難しいからビジネスを始めるのは無理だ。と思ってるのなら、それはおそらく間違いです。あなたが多くのクッションをしていても、今すぐ始めてください。

僕は本を買う余裕がないとき、図書館(あるいは本屋)に行き、複数の本を1日中チェックした。また、優良サーバーをレンタルできる余裕がないとき、無料ブログサービスから始めた。僕はそれから段階を踏んでいった。無料でできることもたくさんあります。

僕はインターネットビジネスがうまくいっていないとき、とにかく短期でお金を稼ぐことだけに多大なエネルギーを注ぐことで逆にストレスが増幅していました。それはお客さんにも伝わります。不思議なことだと思うかもしれませんが、焦りやストレスが加わった、"ネガティブな文章"は伝わるものです。

人生においてお金は必要不可欠なものですが、最終的に僕は実際に自分の人生でお金に大騒ぎしたり、ストレスを与えたくないことに気づきました。正直なところ、僕はお金稼ぎのためにビジネスを始めましたが、今となっての優先事項は人生を持つことです。

それを維持するために、会社の従業員のような長時間の労働を必要としなくとも一定レベルの収入を得られる方法として、インターネットビジネスのような収入形態に興味を持っているのです。

僕がお金を稼ぐ大きな理由としては、僕の希望する人生の道を表現するのを助けることでした。実際のシフトは、即金を追い求めることを止めたときに起こった。僕は自分の経験が少しでも人の役に立てるようにと意識した。…お金は後から来た。

あなたも今までの制限的な価値観を改め、短期的なお金は追い求めず、気長に情報発信し続けることです。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る