有給は取らないのがマナー!?



サラリーマンをやっていると、クソみたいなマナーをいつの間にか頭にすり込まれていることがあります。

有給は取らないのがマナー

僕たちは「お互い様」の気持ちが大事だと教えられました。その気持ちがあれば互いに助け合って、長期休暇も一般化しているはずなのに、それどころか有給は取りづらいものです。

たとえば飲み会の翌日に有給を取ろうものなら、同僚や友人に「おまえ汚ねえな(笑)」なんて言われることもありますが、何が汚いのかさっぱり分かりませんw

会社のルールで年間○日は有給休暇ありというふうになっているので、本来、いつどのタイミングで使おうが自分の勝手ではないでしょうか?

先ほどのようなやりとりこそが、今の労働環境の悪さを象徴していると言えます。労働者がお互いを牽制し合って、お互いにどうにかして休みを取らせないように常に網を張っているという状態は、まさに経営者にとっては理想的な環境のできあがりなのです。

有給を取る人に対して、気持ちよく見守ってくれる人がもっと増えれば、労働環境自体も少しは良くなると思います。

有給を取る人を白い目で見るような輩は、まさに経営者にとってはたまらない存在です。その行動は自分で自分の首を絞めているだけなのです。

そして、会社によっては忙しい週明けの月曜日や週末の金曜日には、有給は禁止とされているところもありますが、理解不能です。

本来であれば、有給取得というのは、使用者側に権限があります。逆に言えば、会社側が日にちを決める権限なんかありません。

もしそういうルールにするのなら、これからは求人票に「給料が発生する休みがたまに貰えますが、日にちは会社側で決めます」と記載するべきです。このような風潮があるから、普段でも有給を取りにくい雰囲気になると思います。

また、有給を取ることに制限もないし、嫌味も特に言われないけど、有給を取る理由がないとなぜか気が引けませんか?これは日本人独特のおかしな感情です。

有給を取る際にたまに上司から理由を聞かれることもあります。しかし、有給取るのにも理由を言えとなれば、遠回しに「取るな」と言われているように感じますし、そもそも他人の休む理由を聞いて意味があるのでしょうか?

これが冠婚葬祭であればスムーズに休みを承諾してくれるのでしょうか?逆に遊びだったら嫌な顔をするのでしょうか?どうだっていいです、理由なんて。

もし遊びと言えば、「いいね、楽しんで遊んで給料もらえて」と嫌味を言われます。給料泥棒の烙印を押されることもあります。なので、上手に嘘をつくことを考えるようになる。正直者が馬鹿を見るから…。

このような話をすると決まって「有給あるだけマシ」と言ってくる人もいます。それはそもそも有給取る人が悪いのではなく、有給休暇を与えないその人の会社に文句を言ったほうがいいと思います。

会社の入り口に変な高級オブジェを作るぐらいなら、会社員が気兼ねなく有給取っても会社が廻るように、そこにお金使えってね。

そしてもっと最悪なのは、有給休暇ありって契約書に書いてるにも関わらず、取得を許可してくれないブラック企業です。これはもうタチが悪いです。

結局、そこで雇われている社員は有給を取れずに泣き寝入り。有給日数消滅。有能な社員たちに休みひとつ与えずに、潰して、結果的に業務の効率も悪くなる。

さらに人件費ケチって人数減らす。儲けたいから仕事は増やす。十分な人員を確保するか、適正な仕事量で抑えるかという考え方はまるでありません。

有給希望はタブー。労働者をゴミ扱いする会社は経営者自体がゴミだという自覚がない。まったくおかしな話です。

そんなブラック企業は早く辞めてください。そして有給取れるなら堂々と取ってください。同僚に引継ぎを頼むことを考えるときに憂鬱になる必要もありません。会社に迷惑だなんて思わないでください。あなたが休むことで会社が廻らないようなら、それはあなたのせいではなく、会社のシステムや業務内容、会社の管理がクソということです。

ただし、他の人が有給を取るときには、あなたも快く引継ぎを受けてください。

働かないけどお金がもらえるということに罪悪感を決して持たないでください。別にいいんです。有給休暇ありと会社のルールで決まっているのですから。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る