日本人は時間を守るって?それはジャパニーズ・ジョークかい?w



日本人は時間を守るって?それは冗談ですよね?日本人は就業時間にはとてもルーズですよ?

社会人になって労働環境のことを悪く言うと、「社会舐めてる」とか「世の中甘く見ている」だの袋叩きに合うので、誰も文句を言わないだけです。

どこまで経営者に洗脳されているのですか?

日本人は時間を守りません。遅刻に対しては大変厳しいのに、仕事が終わる時間は守ったことがありません。

さらに言うと、これは終業時間だけの話ではなく、業務開始時間の1時間前には会社に来て、やれ朝礼だの、やれミーティングだの、というように、実は始業時間さえも守れていないですよ?

しっかり定時に出社して、しっかり定時に帰宅する社員がいようものなら、「遅く来て早く帰るのは社会人としてどうかと思うよ」と、まさにジャパニーズ・ジョークをかまされることだってあります。

ブラック企業の経営者ほど遅刻したら給料から罰金!でも残業代は一切出さない!というような理不尽がまかり通っている現代の労働環境です。

これはあなたの時間が盗まれているの同じことなのです。

日本では長時間労働することが「美徳」とされていますが、客観的に見れば、ただのルール無視のチートです。だけど、僕らは幼い頃から奴隷教育を徹底的に受けましたから、多くの人がこのイカサマに気づくことができません。

美徳や責任などと言っているサラリーマンはすでに洗脳されているか、もしくは「自分がいないと会社が廻らない」と自己催眠をかけているかのどちらかです。

あなたがもしそうであれば、少し冷静になってみてください。経営者や一方的に搾取する側の人間からすれば、これほど都合の良い社員はいません。

仕事が早い人でも同調圧力のせいで帰れず無駄な残業をします。仕事が終わって帰ろうとすれば「もう帰るの?」と言われてしまう。それで本当に帰れば「あいつはサボっている」という謎のレッテルを貼られます。

もう定時という言葉はあってないようなもの。社員全員がダラダラ仕事することで効率も悪くなります。まさに悪循環です。まさに負のスパイラルです。会社側は自分で自分の首を絞めているとも知らずに…。

終業時間というのは、ホイッスルが鳴っている状態です。試合は終了しています。それなのにまだプレーを続行するなんて、幼稚園児が見てもこれはただのルール違反です。

スポーツで例えるとこんなにおかしな話なのに、仕事ではこれと同じことを日常的に行っています。

このような状況にも関わらず、ほとんどの労働者は逆らいません。これが日本人の不思議なところでもあります。ここがヘンだよ日本人ですw

賃金のためではなく、自己成長のために、そのために残業やむなく働くのが社会人だという思考を今まで植えつけられてきたことにより、多くの人は労働を生きるための手段ではなく、奉仕として捉えるようになってしまっています。

それは間違いです。大好きな仕事ならまだしも、生活のために働いているのだから、賃金優先に決まっています。惑わされちゃいけません。労働というのは私心を捨ててまで力を尽くすものではありません。

毎日頑張って長時間働いているあなたを見て、会社の役員はこう言うでしょう「君は素晴らしい!」と。

しかし、あなたを賞賛している彼らは、高級車で午後出勤に早退はあたり前ですから、アンフェアです。

そして「始業時間の1時間前には出社しろ」と言う会社の論理で言うと、終業の1時間前には帰り支度してOKということになるはずですが、そうではありませんねw

「これが伝統だから」という日本独特の意味不明な言い訳はせずに、今ある悪習を徹底的に排除していくべきではないでしょうか?

たとえば、長時間労働を生み出す根本的な原因としては会社だけではなく、取引先やクライアント、そして顧客なんかも原因だと言えます。

いろいろな職種があるので、一概には言えませんが、もう少し納期の遅れなどに寛容になれれば良いと思うんですけどね。

というか、なぜ納期はいつもギリギリに終わるように設定されているのでしょうかね?それも残業ありきで。

どうしても納期を守りたいなら人員を増やせばいいと思うのですが、結局、安易なサービス残業を強要して社員を疲弊させたほうが会社が儲かるから、そうしているだけでしょう。

仕事を割り振る人が押し付けるノルマはそもそも無理があります。納期というのは、結局、上や相手だけの都合だったりもします。

「終業時間を守るようにすると納期が守れない」
「納期を守るようにすると終業時間が守れない」

もはや、つける薬はありません。だいたい1日でできる仕事量なんてたかが知れています。一体この国の企業は何を焦って深夜まで働いているのでしょう?いまだに謎です…。

その他のケースとして、顧客がブラック企業を生み出してしまうということもあります。現代はサービスが向上して、とても便利な世の中になりましたが、その反面、悪循環を生み出してしまうこともあります。

度を超えるサービスの要求・理不尽なクレーマー、どこかの業界が長時間労働になると、その業界に関わる別の業界も長時間労働の道づれになってしまう。まぁ便利で助かることも多いけどね…うーん、難しい。

お金を稼ぐ手段の一つとして働くがあるはずなのに、いつの間にか、お金を稼ぐためから会社のために働くという目的になってしまっています。

ですから会社は、労働者に仕事を与えてやっていると考えるようになり、会社のためなら無理をすることも、そして残業をすることも当たり前という流れになってしまいます。

このような生活は楽しいはずがありません。毎日数時間かけてぎゅうぎゅう詰めの通勤電車にもまれて苦しいです。ご主人さまに頭を下げ続けながら一生過ごすのは誰だって嫌です。

社員を家族のように扱う会社が本当に存在すればいいと思いますが、人件費をコストだと思っている企業に尽くす理由はありません。

サラリーマンだろうが、経営者だろうが、ニートだろうが、ホームレスだろうが、
生きてる間の時間ともっと大事なもの自覚した方がいいです。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る