「商品を売る」から稼げない



インターネットで大きく儲けるためにはどうすればいいと思う?

とにかくサイトをつくればいい?
とにかくブログを量産すればいい?
とにかくアクセスを増やして広告を貼っておけばいい?
とにかく高額な商品を扱えばいい?
とにかくメールマガジン発行すればいい?

これらの答えは間違ってはいません。
ただ、これだけでは大きく儲けることは無理なんです。

何がいいたいかというと、
サイト(ブログ)をつくる ことと、ネットで儲ける
ことは、ぜんぜん違うということ。

サイトをつくるのは誰でもできる。
ブログの量産なんて気合があれば誰でもできる。
メルマガなんて月額費さえ払えば誰でも発行できますよ?

たとえば、サイトであれば、
商品画像と価格をのせて「ご購入はこちら!」と、
注文ページをつくっておけばいいだけですからね。

売れようが売れまいが、今日からそのサイトのオーナーになれますw

ただ、インターネットビジネスで稼げてない人は、
こういう落とし穴にハマってしまってるんです。

サイトをつくって、商品バナー貼ってるのに…
ぜんぜん稼げねーじゃん!ネットで稼げるなんて詐欺だ!ってねw

じゃあ、これを現実的に考えたらどうなるか?

たとえば、あなたが道を歩いてると、
路上で風呂敷広げて、手作りのアクセサリーを売ってる人がいるとする。

風呂敷の上にはいろんな種類のアクセが並んでいて、
「本日セール!どれでも1個100円」なんて書いてある。

さて、あなたは買おうと思う?

もし、あなたの心を一瞬で掴んで、はなさないアクセが偶然あったなら、
買うかもしれません。

しかし!普通に考えると買いませんよね?

あなた以外の道行く人たちも、
チラ見はすると思うけど、おそらく買わないと思いますよ?

売れたとしても、せいぜい2~3個じゃないですか。
普通に考えた場合ね。

こんな感じでリアルに置き換えてみると、
そんな簡単に売れるはずはない!って分かりますよね?

けど、それがインターネットになった瞬間、
「売れるかもしれない」なんて、たくさんの人が勘違いしてしまう。

ブログに商品画像を用意して、安い価格に設定しておけば、
少なからず売れるだろうって勘違いしてしまう。

とにかくアクセスさえ集めれば、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる作戦で、
売れるだろうって勘違いしてしまう。

よくよく考えてみれば、
Webサイトも路上販売もぼぼ同じようなもの。

誰でも始めることは簡単だけど、そう簡単には売れない。

現実となればそれが理解できるのに、
ネットになったとたん「なんで売れねーんだ!」ってなってしまう。

なのでインターネットで大きく儲けたいなら、
商品画像や広告をただベタベタ貼ってる場合じゃないんです。
商品をただただ並べてるだけじゃダメなんですよ。

売りたい売りたい。
儲けたい儲けたい。
そんな買え買えサイトは見抜かれます!

お客さんはバカじゃありません。
そんなサイトは確実に嫌われて、
何の価値もないゴミサイトに早変わりですw

じゃあどうすればいいのか?

その答えは……
商品を売らないです!!

商品は売らないんです。
あなたは何も売らなくていいんです。

「アホかっ!何も売らなければ1円にもならねーじゃん!」
って思いました?

もちろん、ネットで商品を販売して、
大きな利益を出してるWebサイトもあります。

中には個人サイトもあるんですが、その大半は企業のサイトなんです。
すでに販売システムを持っていて、オフライン販売でも実績にある企業。

そんな企業が、
ただオフライン→オンラインに販売のフィールドを移しただけの話。

オフライン販売でも実績のある企業が、
インターネット販売でも成功するのは自然の流れなんです。

だって莫大な資金力と、
なんといっても知名度がありますからね。
あとは、大きな企業となるとインターネット販売のノウハウもありますから。

じゃあ話を戻しますよ。

インターネットビジネスを個人でやっていく場合、
企業とくらべて、まず資金力はありません。
そして知名度も当然ナシです。

カネも看板もノウハウもないただの素人が、
さくっとつくったサイトに商品バナーを貼っただけでは、
先ほどの路上販売のように、
大きく利益を出すのはほぼ不可能です。

個人が大手企業とまともに戦っても、
勝てるはずがないですから、
だから個人でネットビジネスをやっていく場合は、
発想自体を見直す必要があるって訳さ。

それが先ほど話した。

商品は売らない。
あなたは何も売らなくていい。

ってこと。

じゃあ、あなたは何をすべきか?

それは…
ただ、情報発信をしていけばいいです。

情報発信するって、
具体的にはどういうことなのか?

それは、サイトやブログなどの
あなた個人のメディアを立ち上げて、
そこでリアルな情報を発信する

訪問者が読んで、面白い・役に立つかもと思うような
情報をのせるだけでいい。

つまり、自分の中にあるスキルや経験を発信する。
または何かを新しく始めた過程を発信するだけ。

あなたはどんなスキルを持ってます?
あなたはどんな経験をしてきました?

この中に何を売りをして、
ネットを使って何で儲けるかのポイントが眠っていますよ。

そこで、あなたの考え方や価値観、
そして人柄を知ってもらうようにするだけ。

ここで重要なことは、
絶対にセールス(売込み)をしてはいけないということ。

それをやってしまうと、
巷に溢れてる商用サイトと全く同じになってしまいますからね。

多くのアフィリエイトサイトとか、
商品販売サイトが発信してる情報のほとんどは、
商品を売り込むためだけの情報が多い。

期間限定セール!とか、
これ買わないと損ですよ!とか、
ここで投資しないと一生成功しません!とかねw

ま、売り込み臭がプンプンするサイトは、
みんな飽き飽きしてるから、見向きもされませんw

結局、お金を稼ぐということは、
誰かの役に立つ”ということ。

誰かの役に立つことへの報酬がお金なんだから、
あなたの知識が誰かの役に立てばいいんですよ。

なので、凄くマイナーな知識やスキルでもオッケーなんです。

あなたの経験の中で、
うまくいくために役に立ったモノ(商品など)があれば
それを軽く紹介するだけ。

ちなみに、売り込み紹介は似て非なるものなので、
そこは勘違いしないようにw

おそらくあなたは、自分の経験なんか誰の役にも立たないよ。
って思うかもしれません。

ただ、あなたが仕事や経験や趣味で得た知識は、
初心者さんにとってはとても貴重な情報源なんですよ。

だからネタがないって言い訳せずに、
まずは必死になってアイデアを搾り出してみる。

自分が何かを成功したときの経験。
自分が何かを失敗したときの経験。

振り返ってみて、ネタを探してみる。
そしてそれをコンテンツとして発信してみる。

情報発信していく中で、
自分の成功体験を手助けしたくれたモノ(商品など)
を軽く紹介するんです。

文章力はあまり関係ありません。
たとえヘタな文章でも、書かないよりは1000倍マシです。
ま、書き続けてるうちに否が応でもうまくなってきますw

そしていつしか、
あなたの情報に共感してくれる人がポツポツと現れてくる。
つまりあなたのファンが少しずつ増えてくるって訳。

すこーしずつ自分のサイトを大切に育てていけば、
いつの間にか「金のなる木」になってくれますよ。

そうなると、サイトが長期的に、
あなたの財布にお金を運んできてくれる資産になるんですよね。

面倒に思うこともあるでしょう。
途中で投げ出したくなることもあるでしょう。

だからといって、「お買い得ですよ!」って書き、
商品バナーをひたすらベタベタ貼っておく。

そんな誰でもできる単純な手法に逃げてはいけません。
そんなサイトは1円どころか、1銭も生み出しませんからねw

だから商品は売らない。
あなたは何も売らなくていい。

とにかく、自分のスキルや経験、
何かを新らしく始めた過程、
これらの情報を発信するだけでいいですよ。

商品を売るから稼げないんです。
自分のスキルや経験や価値観を売らなくちゃ。

だから、インターネットで大きく儲けるために大事なのは、
情報を欲している人の元にいかに情報を届けるかなんです。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る