「エリート役人だけが得をする」プレミアムフライデーの欺き



今の日本の問題のひとつに消費の停滞があります。これを改善するために、また間抜けとしか言えない政策が検討されてるようですw

それがプレミアムフライデー

それはどういうものか?簡単に言うと、国民の個人消費を喚起するために、月末の金曜日の午後3時には退社しましょうというもの。(2017年2月24日導入予定)

ようは月末金曜の午後3時には仕事をさっさと切り上げて、夕方は買い物や旅行などにあててください。この日は普段できない贅沢を積極的にしてくださいねというものです。

金曜日の午後3時には退社?なに絵空事言っちゃってるのでしょうか?そもそも収入が少ないこのご時勢に、仕事を早く帰れたからといって、国民は喜んで消費すると思いますか?

年金問題や社会保障問題などいろんな問題が山積みで、普通に働いてたら将来は不安でしかない状況なのに、贅沢できる金がどこにあるというのでしょうか?

ボーナスをもらえてる社員だって横ばいか減少です。非正規やパートの時給は多少アップしたと言われていますが、それは微々たるものです。

どう考えても消費にはつながりません。そもそも今の世の中3時に帰れて、迷いもなく思い切り消費できる人は少数派です。

配偶者控除見直しや増税など、ただでさえ、一般国民は大打撃を受けているというのに…。

そして逆に3時に帰る人をもてなす側は当然働き詰めになります。土日祝休みじゃないサービス業の普通の一般社員は、今よりさらに働く日や時間が増えてしんどくなるだけなのです。

この政策では、サービスを提供する側のことは一切無視されています。たとえプレミアムフライデーが実現されても、得するのは賃金の高い平常勤務者だけですし、これで日本の労働者の二極化(賃金や待遇)がさらに増すだけだと思います。

実際に今の生活の課題になっているのは、「いかにお金を節約できるか」ということです。お役人さんたちはこのことをおそらく知りません。これはまさに的外れの政策です。

プレミアムフライデーは消費問題の解決策にはなりません。それはなぜか?しっかり国民の立場に立って考えてみれば答えは簡単に出るのではないでしょうか?

"いくら休みを増やしても、手取り額が減ってお金が無いので消費しません。できません。"

はい、これが答えです。何がプレミアムフライデーだ!?庶民の目を欺いて、結局だれが得するのでしょうか?こんな仰々しい名前を付けたとしても、消費者心理が読めてないから意味がないんですよ。

では、消費が増える方法は何か?それは単純に賃上げと消費税減額しかありません。サラリーマンなど雇われ労働者は使う金がない、無い袖は振れないということです。

お金は国にとっての血液みたいなもの。しかし企業は内部保留でその血液を止めているので、これでは国も壊死するし、社員の給与も上がらないので、行き着く答えは消費しないになるわけです。

つまらない政策考える前に、まず給与上げるためのアイデアを絞ることから始めたほうがいいのでは?そういうのから何とかしないと、消費は増えるどころかさらに減ることになりますからね。

しかも、呼びかけるだけではなくて、法律で強制でもしないと意味がないと思います。実際にアベノミクスも政策で物価は上がりましたが、雇用賃金の部分は企業に丸投げしたから失敗したと言ってもいいです。

ただし、給料が上がっただけでは消費問題が解決するとは言い難いです。なぜなら給料が上がっても、物価上がる税金上がるでは誰も消費の紐をゆるめたりはしません。

消費を促進させたいのなら、消費税を下げる方法も考えるべきではないでしょうか?おそらくこれが一番効果があります。

消費税上げます、でも消費は促進させますというのは、ただのアホです。プレミアムフライデー広告に2億円もつぎ込んだらしいですが、他に良い使い方があると思いませんか?

プレミアムフライデーはまさに、無策・無計画・将来の展望見据えていません。

そして業界によってはプレ金なんて無理なところもあります。むしろそのような業界が多いかもしれません。(飲食店や24サービスなど)

もしかして、この政策って大企業幹部とか霞ヶ関の役人などが、大手を振って飲み会をしたいだけではないでしょうか?

お役人「今日の飲み会は3時半集合で~」
居酒屋「今日も早出かよ……」

という具合にね。サービス業で働く人は上級プレミア国民をおもてなししろってこと?

また会社員の場合であれば、結局、ノー残業デーと同じオチになります。3時以降はタイムカード切って、そこからサービス残業です。

これはやりたい放題ですね。「さぁ買え!」と言われたら財布の紐を締めるに決まっています。これが経済のトップが真剣に考えたキャンペーンかと思うと笑えます。ちなみに午後3時なんかで仕事を切り上げたら、給料はさらに減ります。平行して消費も当然減りますね。

元からお金を持っているお役人はいいですね。このようなアホみたいな事を考えるだけでお金が貰えて。さすが机上の御勉強だけして一般常識付けてこなかったエリート様だw

現場を見ていない人たちの貧しい発案が「プレミアムフライデー」です。結局、実行できるのは一部のエラい人だけなのです。あとは、成果アピール用に劇団員を使って、「民間企業でもやってます」と捏造してニュース流して、はい終わりです。

根本的なところで、一般国民は気楽に消費できるお金がないというふうにイメージできないのですか?給料は上げられないけど、消費行動はしろって、無茶にもほどがあります。労働者を馬鹿にしているとしか思えません。

机の上だけで考えようとするからおかしな話になります。現実を変えようと思うなら、現実に則した考え方をしなくてはいけません。

本質的なことをせずに、どうでもいいことばかりする経団連の意図がわかりません。勤務時間が数時間減ることが重要じゃなくて、所得を増やすことに知恵を絞ることが重要なのではないでしょうか?

そして消費を増やしたいなら36協定の撤廃も有効でしょう。まず週40時間労働+完全週休二日制を全国浦々まで厳守させるべきだと思います。

罰則なしで制度だけ変えたって現実がついていきません。残業がなく所得が増えれば、消費は確実に上昇します。

プレミアムフライデー 
これがエリート様の考えることですよ?

このような感じなので、あなたが今よりも喜んで消費できるようになるためには、政策なんかは当てにせず、自分で収入を増やす行動をしたほうがいいですね。

自分で収入を増やす行動って?それはこのメルマガでお伝えしていることをマネしてみるだけです。

↓↓ 記事の書き方マニュアル無料プレゼント ↓↓

トップへ戻る